EC LEARNING

サービス案内

OTHERS

「SIAAR」とは、ECサイトのブランド価値を高めるためのプロセスをまとめたフレームワークです。
「ブランド価値を高める」とは、「ブランドロイヤルティを高める」ことであり、ひいては「リピーター育成」につながります。
つまり、自店に対するファンをどのように増やすのか?という視点に基づくフレームワークです。

Sは店舗(Store)、Iは商品(Item)、Aは集客(Attract)、Aは接客(Attend)、Rは再訪(Repeat)の頭文字です。
これら「SIAAR」の各段階で、様々な施策を行うことで、他店との差別化を図ります。

自店がどの段階の差別化が必要なのか、「ECブランドマトリクス」と合わせて使うことで効果を発揮します。

【再訪促進の差別化】

リピーター育成のための取り組みです。
定期購入や闇市などのほか、商品発送時の 手書きメッセージの同封など、
地道な 努力により、顧客との関係を構築しましょう。

【接客時の差別化】

来店客が満足いくような店舗デザイン、コンテンツを提供すること。
商品に関する豆知識の提供など、キュレーター的取り組みも有効です。
 

【集客施策の差別化】

その商品を購入する際の比較基準と、その基準において競合に対して優位性があるのは何かを発見することが大切です。
オンラインだけでなく、オフラインでの 集客活動も必要です。
 

【商材の差別化】

顧客にとっての便益(本質的価値)は何か? を売り手が理解し、商材の価値を認識することが、 商材差別化の第一歩です。
商品そのものだけでなく、ネーミングやパッケージ など周辺価値を高めることも有効です。

【店舗自体の差別化】

企業(店舗)の理念や使命、想いを明確にするなど、店舗自体の差別化を行いましょう。
他店と同じ商材を扱っていても、独自の理念のもとに店舗運営することで、世界に一つだけの店舗にしましょう。