ブレイントラスト EC LEARNING(ec・ラーニング)

ビギナーにも使えるヒントが満載。 ネットショップコンサルのプロがノウハウをお届け。

開店構築費5万円、最短5	営業日で完成! ECサイトの更新、コンサルティング ECサイトの更新、コンサルティング ECサイトの更新、コンサルティング

ショップ運営のお悩みを解決!

ショップ運営や売上アップの方法など、ショップオーナー様のお悩みにお答えいたします。
ショップ運営Q&A
楽天では商品登録時に動画を登録すると上位表示に効果的だと聞きました。そこで動画を撮影したのですが、文字入れや動画の切り貼りが簡単にできるソフトがあればお教えいただけませんか?できればフリーソフトであると助かります。

スマホの場合は動画編集のフリーソフトがたくさんあるので、操作してみて使いやすいものを選んでいただくといいでしょう。
短い動画だと問題ないですが、長くなるとPCソフトと比べて容量や操作性の問題が出てくるため、動画が長い場合やたくさんの動画を編集する場合にはPCのソフトをおすすめします。
PCの場合、以前まではwindowsに標準で「ムービーメーカー」のソフトがついていましたが、2017年に入りサポートが終了してしまったため、新しいパソコンにはダウンロードできなくなってしまいました。
その他の無料動画編集ソフトには老舗の「AviUtl」があり、プラグインを利用する事で様々な機能を追加していくことができますが、編集画面が独特の為、使いこなすにはソフトに関する勉強が必要になります。
直感的に簡単に動画を編集したいという事であれば、有料になりますが比較的安めの「filmora」がオススメです。
直感的に動画編集でき、機能面でも申し分ない為、これ一つあれば見栄えのいい動画が作れるようになるでしょう。
ビデオ出力時にロゴの透かしが入りますが、無料版もあるので、一度ご利用頂いて操作性を確かめてみて下さい。

「AviUtl」  http://www.gigafree.net/media/me/aviutl.html
「Filmora 」 https://filmora.wondershare.jp/
ある特定の注文者から、受取拒否や住所不明などのいたずら注文を繰り返しされて困っています。何か良い対策はないでしょうか?

ECモールを利用していている場合は、モールの担当者にいたずら注文があった事を伝えましょう。 いたずら注文をした注文者をブラックリストに登録してもらえるため、次回からその注文者のいたずら注文を防ぐ事ができます。
また、いたずら注文の中には、届け先の方が頼んでいないのに一方的に商品を送りつける「なりすまし注文」といったものもあります。こうした場合はブラックリスト登録だけでは対応が難しいため、店舗ページのどこか目立つ所に、なりすまし注文は「偽計業務妨害罪」にあたり犯罪として処罰される事を記載して、少しでもそういった行為を抑止できるような対策が必要になります。
それでもなりすまし注文があった場合は、被害にあったお客様やモール担当者に協力してもらい警察に動いてもらうように伝えましょう。
楽天スーパーセールサーチに商品を登録すると、どんな効果が期待できるのでしょうか?

スーパーセール期間中に一番効果のある広告と云われているのが「スーパーセールサーチ」です。
任意に選んだ自ショップの商品を申請してOKが出れば登録されますが、楽天側の審査がありますので、出来るだけ同カテゴリで競争力のある商品、またはオンリーワンの商品を申請することをオススメします。
効果としては、サーチに登録されることで通常より目立つため、約25倍のユーザーが訪問してくれることです。
セール期間中は訪問が増えるので、商品ページに買回り品リンクを設置すれば回遊率も上がります。スーパーセール後は、ショップや商品の検索結果が上昇しますので、購入客にはアフターフォローを行ったり、セール期間中に売上が上がったサーチ以外の商品をプッシュするコーナーを設置したりすれば、ファンも増えて更に効果を持続することができます。
自ショップの運営について、モールの担当者さんからよく「マメに更新してください」と云われますが、新商品のアップだけで手一杯になります。効率よく手間を掛けずに、うまく更新感を出す方法はありませんでしょうか?

新着アイテムの情報や注文状況を自動で表示してくれる「賑わいツール」を利用されては如何でしょうか。
色々な会社から自動的に新商品を更新するシステムが販売されていますので、比較検討してみましょう。
サイトの目立つ場所(ヘッダーやフッター、レフトナビなど)全ページに表示できる箇所に自動更新ツールを設置するといいでしょう。

参考:
ECデータバンク:https://www.ecdb.jp/
ECステーション : http://www.intecrece.co.jp/ec/index.html
にぎわいぞうさん : https://n-zousan.com/
楽天のスーパーセールやお買い物マラソンの最中に短期間(5~6時間程度)のタイムセールを開催している店舗があるのですが、これにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

イベントの全期間ではなく、短期間のセールにすることでお得感が出るため、購買意欲が高まり転換率が上がりやすい効果があります。
もしできるなら、商品を変えるなど変化をつけて短期間のセールを複数回行う事で、お客様がイベント中に何度も店を訪れてくれるようになり、アクセス数のUPにも期待できます。
また、短期間に商品を多く売る事によって、タイムセールが終わった後もランキングや検索時の表示順位UPにつながる為、セール後の顧客流入が増えるメリットがあります。
大型イベント中には楽天開催のタイムセール枠がありますので、こちらの枠を購入してもいいですし、広告枠が購入できない場合にも、自店舗で独自にタイムセールを開催する事は、上記のメリットがあるため効果的です。
もし独自にタイムセールを開催する場合は、メルマガや店舗ページで事前告知をしっかりとしておくようにしましょう。
CMSを使ってホームページを作りたいと思っていますが、WEB初心者でHTMLや用語などに自信がありません。国内のもので、導入しやすいオススメのCMSを教えていただけませんでしょうか?

「クラウドCMS」という方法を検討されてはいかがでしょうか?
「クラウドCMS」の場合は、ソフトウェアやサーバーの準備・設定をする必要がなく、申し込むだけでサービスを利用できるため、従来までのCMSの構築にかける時間を削減することができます。
WEB初心者であれば、知識がなくても操作がしやすい「Jimdo」や「Wix」がオススメです。
どちらも多くのユーザーが利用しているので、参考になる情報が多い点も魅力です。
テンプレートやサンプルサイト、出来る事などを比べて、どちらのCMSが合っているかお選びいただければと思います。

参考URL:
「Jimdo」 https://jp.jimdo.com/
「Wix」  https://ja.wix.com/
初めてECショップを立ち上げようと準備をしているのですが、楽天などのモールか、ショップサーブなどのオリジナルショップか迷っています。どちらにもメリット・デメリットがあると思いますが、教えてください。

<モールのメリット>
1オリジナルショップと違って「導線」が確保されている。
2広告メニューが充実している。
3検索エンジンが高精度。
4競争力のある商品はある程度の売れ行き確保が可能

<モールのデメリット>
1運営費が高い。出店料、販売手数料、月額利用料他、経費が諸々かかる。
2少ない月商のショップでは赤字になりやすい。
3大きなWEBシステム内で稼働しているため、WEB技術やデザインも様々な制約の中で実装しなくてはならない。

<オリジナルショップのメリット>
1自由度が高い。最初に工数をかければかなりの自由なデザインのショップ設計が可能。
2モールに属していないために初期構築費以外には出店料や販売手数料が発生しない場合がほとんど。 3最低の月額利用料のみでの運営が可能。

<オリジナルショップのデメリット>
1「導線」が最初から無い。
2自分で広告出稿の申し込みをする必要がある。
3一般的な流通商品を売る場合、検索で引っかかりにくいため売れにくい。
など、モールとオリジナルショップにはそれぞれメリット・デメリットがありますので、自ショップで取り扱う商品特性によって、どちらにするか決定してみてはいかがでしょうか。
アパレルショップを楽天で展開していますが、楽天系列でファッション専門のショッピングアプリ「フリル(FRIL)」にも出店したいと思っています。「フリル」のメリット・デメリットを教えてください。

「フリル」はファッション特化型のフリマアプリで、競合として「メルカリ」や「ラクマ」がありますが、流行の商品が早く入荷されるため、若い女性を中心に人気となっています。
メリットとしては、販売手数料が無料の点が挙げられます。また、出品者へのフォロー機能があるため、他のフリマアプリと比べて出品者と購入者のつながりが深くなりやすく、リピーターのお客様が増えやすいといった特徴もあります。
デメリットとしては、元々は女性限定のアプリだった為に男性向けの商品が売れにくい点や、メルカリと比べ利用者が少ない点が挙げられます。
スマホページでiframeを利用すると、機種によってiframe内の画像が途中で切れてしまいます。jsが使えない場合でも、大きく余白をとらずに、各機種できれいに高さを合わせることはできますか?

jsのプラグインが使えない場合は、css3のメディアクエリを使う事で、機種ごとの高さを設定する事ができます。
メディアクエリでは解像度ごとにcssを記載していきますが、今回の様に機種ごとに高さを調節する場合は、大きく4つのブレイクポイント(分岐点)を設定するといいでしょう。
まずはiPhone5Sまでの実質解像度「横幅320px」、アンドロイド端末に多い「横幅360px」、iPhone6、iPhone6S、iPhone7では「横幅375px」、そしてiPhone6 Plus、iPhone7 Plusの場合は「横幅414px」が縦画面で見たときのブレイクポイントとなっています。
これらをふまえ、下記のように横幅ごとに4つのcssを設定する事で、画像が途中で切れる事もなくなるでしょう。

/**最小(横幅320px)時の高さ**/
iframe {height: ○○px;}

/**横幅360px時の高さ**/
@media all and (min-width: 360px) {
iframe {height: ○○px;}
}

/**横幅375px時の高さ**/
@media all and (min-width: 375px) {
iframe {height: ○○px;}
}

/**横幅414px時の高さ**/
@media all and (min-width: 414px) {
iframe {height: ○○px;}
}

ただし画面を横にしてみた場合を含めたり、新しい機種が登場した際には、さらにブレイクポイントの追加が必要になりますので注意しましょう。
介護用品を扱っている自社サイトを運営しております。モール出店も考えていた所、高齢者向きモール「らく~だモール」を見つけました。介護用品を扱っていることも有り、前向きに検討しております。楽天市場やヤフーショッピングストアと比べて、どのような違いがあって、どのようなメリットがあるのでしょうか?

楽天市場やヤフーショッピングストアなどのモールと違って、「らく~だモール」は、大きな文字、画像で表示されていて見やすいことが特徴で、ページの構造は、50代以上の高齢ユーザーに使いやすいようにシンプルに設計されています。
メリットとしては、まだライバル店が少ないため、楽天やyahooショッピングよりもモール内で上位表示がされやすい事や、「初期出店費0円」「月々固定費0円」の為、無料で出店できる事があげられます。 まだ知名度は低いですが、シニア向けの商品を扱っているなら「らく~だモール」の今後の成長に期待して選択肢の一つに入れてみてもいいと思います。
楽天の6時間タイムセール枠を購入したのですが、来店したお客様に入稿商品以外も注目してもらうため、他商品を値下げして販売したいと考えています。この場合、楽天規約などに引っかかりませんでしょうか?

基本的に問題はありませんが、タイムセールと同じように二重価格と誤解されるような表現は避けて展開しましょう。
季節商品などを売るには有効な方法だと思います。
楽天やYahoo!では、検索アルゴリズムが少しずつ変わる、と良く言われますが、どこを見ればその傾向が判りますでしょうか?

モールの検索アルゴリズムの変化は公表される物ではないので、日々自ショップの商品やライバル店の商品を検索して、傾向を掴む努力が必要です。
サジェストワードにも目を配って、トレンド・関連キーワードなどをチェックし、変化に気付けるようにしましょう。
アルゴリズムの理解には下記を参考にしてみてください。
参考:
ページ編集中に誤ってデータを削除してしまいました。バックアップを取り忘れていたのですが何とか元に戻す方法はありませんか?

確実な方法ではないですが、「Wayback Machine」を使う事で元に戻せる可能性があります。
「Wayback Machine」は、インターネットアーカイブ(Internet Archive)が収集している過去のウェブサイトを閲覧できるサービスです。 インターネットアーカイブ(Internet Archive)は世界中の過去のサイトが収集されていて、その数は4600億件にもなります。
こちらで過去のページを検索し、消してしまったデータのページが表示された場合は、そのソースをコピーして利用しましょう。
ただし、全ての過去のページを保存しているわけではないので、データが残っていればラッキーといった感覚で利用することをおすすめします。

「wayback machine」 https://archive.org/web/
モール以外に自社サイトでの販売を考えているのですが、ネットショップのASPの中でも、スマホユーザーに特化、または様々な点でスマホで扱いやすいように設計されているASPがあれば教えて頂けませんか?

スマホに特化したショッピングカートASPとして「aishipR」があります。
“スマホで売れる”を追求して作られており、スマホでのカゴ落ちを軽減する「ワンページカート」の機能や表示速度の最適化など、様々な点でスマホ向けにチューニングされています。
また、完全レスポンシブデザインで設計されている為、従来のように各デバイス(PC、スマホ、タブレット)ごとのページ制作の手間がなくなり、作業効率の向上にも期待できます。
2週間のお試し登録もできますので、是非一度お試し下さい。

「aishipR」 http://www.aiship.jp/
Amazonで自社商品を販売したいのですが、各商品にJANコードが必要だと云われました。どうしたらJANコードが取得できるのでしょうか?

まず「一般財団法人 流通システム開発センター」のHPにて事業者登録を行ってください。
http://www.dsri.jp/jan/jan_apply.html
事業者登録を行ったら、登録申請料を支払います。業態・年商規模によって申請料は変わりますのでご確認ください。
事業者登録は申請料の振込から約7日間程かかります。申請に不備が無ければ「GS1事業者コード登録通知書」が送付されます。
その後、JANコードの申請が可能になりますので、各商品のJANコード申請を行いましょう。
詳細は下記をご参考ください。
http://www.technoveins.co.jp/technical/explain/howtogetjancode.htm
楽天市場のショップをYahoo!ショッピングに移植したいのですが、注意する点があれば教えてください。

移植の際は、特に下記点にご注意ください。
1、テキスト内容 >「楽天ランキング1位」「あす楽」など楽天用語を使っていないか、テキストも画像内文言も確認してください。
2、楽天のみ展開商品 > 楽天でのみ取り扱っている商品は、形や名前を変えて販売するか、Yahoo!では販売しないようにしましょう。
3、商品情報の仕様 > 楽天の商品管理番号とYahoo!の個別商品コードは必ず同じものにしましょう。その他、Yahoo!用に修正が必要な項目があります。楽天とYahoo!のマニュアルを確認して作業を行ってください。
4、楽天GOLDの利用 > 楽天GOLDを使っている場合、デザインやcss等をYahoo!で実装するために「Yahoo!トリプル」の申し込みが必要です。Yahoo!トリプルはオプション料金がかかりますので必要な場合は検討ください。
5、賑わいツール > ツールを使用している場合、Yahoo!側の仕様によっては使えないこともあります。表示できない場合はYahoo!とツールの仕様を確認してください。
エクセルでCSVファイルを開くと、先頭の数字の0が消えていたり、数字の文字が起きたりするので使いづらいです。CSVファイルを編集しやすい、オススメのフリーソフトがあれば教えてください。

Excel感覚で編集がしやすい「Cassava Editor」がオススメです。それほど高機能ではないですが、文字化けなど迴避するためには最適なソフトです。また、大容量のデータを扱う事が多いネットショップであれば、「SmoothCSV」をオススメします。機能面も充実していて、動作が軽いのがポイントです。
参考URL
「Cassava Editor」 http://www.asukaze.net/soft/cassava/
「SmoothCSV」 http://smoothcsv.com/
Amazonで同じ商品の色違いを登録したいのですが、同じページで各色を表示するにはどうしたらいいでしょうか?

Amazonでは色違いの商品の登録方法として「バリエーション」の機能が用意されています。
バリエーションは親子の関係で、親商品には複数の子商品をグループ化して登録することが可能です。
商品登録時は、子商品それぞれにJANコードが必要になるので、JANコードを用意しましょう。
バリエーションの設定方法はアマゾンヘルプを参考に行ってください。

アマゾンヘルプ:バリエーション登録
https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=200804520
楽天/Yahoo!/ポンパレのショップを運営していますが、全ショップを一回の作業で更新できる良い多店舗管理ツールはありませんでしょうか?

「クロスモール」 https://cross-mall.jp/ という多店舗管理ASPがあります。
クロスモール内で、商品登録、在庫管理、受注処理などショップ運営に関する業務を一括で管理することが出来ます。
無料オンラインデモもありますので、ご覧になって検討してみてはいかがでしょうか。
楽天で商品を検索すると、上部に「クーポンが使えるおすすめ商品」が表示されますが、どうやったらこの場所に商品を掲載することができるのでしょうか?

楽天プロモーションメニュー内の「クーポンアドバンス広告」を利用することで掲載できるようになります。
この広告は初めに掲載商品と値引き予算を決めておくだけで、楽天のシステムにより自動でクーポンを表示してくれるクリック課金型広告です。
商品検索時に表示されるだけでなく、楽天会員の過去の購買・閲覧・お気に入りデータをもとに、広告に設定した商品の購買感度が高いユーザーを探しだし、そのユーザーに対しては楽天トップページやジャンルトップページにもクーポンを表示してくれます。
通常の広告なら、これらの場所に表示されるにはかなりの費用がかかるため、クリック課金型の「クーポンアドバンス広告」で表示される事は、かなりパフォーマンスがいいと言えるでしょう。
予算も5000円からと比較的安い価格で始められるので、まだ利用していない場合は一度利用してみてはいかがでしょうか?