ブレイントラスト EC LEARNING(ec・ラーニング)

ビギナーにも使えるヒントが満載。 ネットショップコンサルのプロがノウハウをお届け。

開店構築費5万円、最短5	営業日で完成! ECサイトの更新、コンサルティング ECサイトの更新、コンサルティング ECサイトの更新、コンサルティング

ショップ運営のお悩みを解決!

ショップ運営や売上アップの方法など、ショップオーナー様のお悩みにお答えいたします。
楽天から「商品のメイン画像に文字を何か入れて一目でどんな商品か判るようにしてください」と指導されていますが、商品名以外にどんな文字を入れればよいのでしょうか?

商品名以外では、おすすめポイントをキャッチコピーにする、「送料無料」や「ポイント10倍」などアイキャッチになる言葉を入れてみるとよいでしょう。
その他、価格や容量などスペックを入れることで特徴が分かるデザインになる様に心がけてみてください。
テキストの大きさはできるだけスマホで画像をみても読みやすい文字・サイズにすると良いでしょう。
バナーのリンクを、あるカテゴリーにしたいのですが、そのカテゴリーの商品は、分類上複数に分かれているので1つのリンクで一覧が表示できません。何か良い方法はありませんか?

先ず、検索対象となる全ての商品名に共通のワードを付けてください。
そのワードでショップ内検索を行い、表示された検索結果一覧のURLをバナーのリンクに設定してみましょう。
楽天のTOPページなどに、お気に入りショップに登録してもらうための、お気に入りショップ登録用のオリジナルバナーを設置しているお店がありました。当店でも設置したいと思っているのですが、リンクURLが分かりません。どこにあるのでしょうか?

リンクURLは、ショップレビューページの【お気に入りショップ】のボタンになります。 このボタンを【右クリック】→【リンクのアドレスをコピー】でURLを取ってくることが出来ます。
広告画像の作り方でも転換率に差が出るのですか?

食品では「寒色<暖色」、美容・健康系では「女性の顔なし<顔あり」といったように、作り方によって転換率が左右されます。ダイエット商品では「細いウエスト」など、効果をイメージできる画像を用いたり、他店が類似色だらけでごちゃごちゃしている画像が多い場合に、あえて色調の異なるシンプルな画像を使うというテクニックもあります。