ブレイントラスト EC LEARNING(ec・ラーニング)

ビギナーにも使えるヒントが満載。 ネットショップコンサルのプロがノウハウをお届け。

開店構築費5万円、最短5	営業日で完成! ECサイトの更新、コンサルティング ECサイトの更新、コンサルティング ECサイトの更新、コンサルティング

ショップ運営のお悩みを解決!

ショップ運営や売上アップの方法など、ショップオーナー様のお悩みにお答えいたします。
初めてECショップを立ち上げようと準備をしているのですが、楽天などのモールか、ショップサーブなどのオリジナルショップか迷っています。どちらにもメリット・デメリットがあると思いますが、教えてください。

<モールのメリット>
1オリジナルショップと違って「導線」が確保されている。
2広告メニューが充実している。
3検索エンジンが高精度。
4競争力のある商品はある程度の売れ行き確保が可能

<モールのデメリット>
1運営費が高い。出店料、販売手数料、月額利用料他、経費が諸々かかる。
2少ない月商のショップでは赤字になりやすい。
3大きなWEBシステム内で稼働しているため、WEB技術やデザインも様々な制約の中で実装しなくてはならない。

<オリジナルショップのメリット>
1自由度が高い。最初に工数をかければかなりの自由なデザインのショップ設計が可能。
2モールに属していないために初期構築費以外には出店料や販売手数料が発生しない場合がほとんど。 3最低の月額利用料のみでの運営が可能。

<オリジナルショップのデメリット>
1「導線」が最初から無い。
2自分で広告出稿の申し込みをする必要がある。
3一般的な流通商品を売る場合、検索で引っかかりにくいため売れにくい。
など、モールとオリジナルショップにはそれぞれメリット・デメリットがありますので、自ショップで取り扱う商品特性によって、どちらにするか決定してみてはいかがでしょうか。
アパレルショップを楽天で展開していますが、楽天系列でファッション専門のショッピングアプリ「フリル(FRIL)」にも出店したいと思っています。「フリル」のメリット・デメリットを教えてください。

「フリル」はファッション特化型のフリマアプリで、競合として「メルカリ」や「ラクマ」がありますが、流行の商品が早く入荷されるため、若い女性を中心に人気となっています。
メリットとしては、販売手数料が無料の点が挙げられます。また、出品者へのフォロー機能があるため、他のフリマアプリと比べて出品者と購入者のつながりが深くなりやすく、リピーターのお客様が増えやすいといった特徴もあります。
デメリットとしては、元々は女性限定のアプリだった為に男性向けの商品が売れにくい点や、メルカリと比べ利用者が少ない点が挙げられます。
介護用品を扱っている自社サイトを運営しております。モール出店も考えていた所、高齢者向きモール「らく~だモール」を見つけました。介護用品を扱っていることも有り、前向きに検討しております。楽天市場やヤフーショッピングストアと比べて、どのような違いがあって、どのようなメリットがあるのでしょうか?

楽天市場やヤフーショッピングストアなどのモールと違って、「らく~だモール」は、大きな文字、画像で表示されていて見やすいことが特徴で、ページの構造は、50代以上の高齢ユーザーに使いやすいようにシンプルに設計されています。
メリットとしては、まだライバル店が少ないため、楽天やyahooショッピングよりもモール内で上位表示がされやすい事や、「初期出店費0円」「月々固定費0円」の為、無料で出店できる事があげられます。 まだ知名度は低いですが、シニア向けの商品を扱っているなら「らく~だモール」の今後の成長に期待して選択肢の一つに入れてみてもいいと思います。
今、楽天市場のショップを運営していますが、Amazonにも出店しようと思っています。商品登録方法や登録画像が違うみたいなのですが、何に気をつければよいでしょうか?

まず、登録画像ですが、基本的に商品の背景が白以外の画像はNGとなります。
ただ最初の審査ではその画像が必要ですが、次からは背景が白以外の画像を使用しても、特に注意される事はありません。

次に商品登録についてですが、Amazonでは楽天と違い、同じ商品がすでにAmazonで出品されている場合は、その商品情報を使ってすぐに販売が開始できます。
但し、他店では売られていない最初に登録する商品の場合、商品名は2度と変更することが出来ませんので、今後変更しなくて済む商品名を登録してください。
また、商品の二重登録は、間違って登録してしまったなどの理由でもID停止の危険性がございますので、充分に注意してください。

ちなみに楽天では、管理ツールから商品情報のCSVダウンロードが出来ますが、Amazonでは出来ません。
商品を一括で出品する場合は、登録するデータのバックアップを取っておくなどして消さないように注意しましょう。
今、楽天市場のショップを運営していますが、Amazonにも出店しようと思っています。商品登録方法や登録画像が違うみたいなのですが、何に気をつければよいでしょうか?

まず、登録画像ですが、基本的に商品の背景が白以外の画像はNGとなります。
ただ最初の審査ではその画像が必要ですが、次からは背景が白以外の画像を使用しても、特に注意される事はありません。

次に商品登録についてですが、Amazonでは楽天と違い、同じ商品がすでにAmazonで出品されている場合は、その商品情報を使ってすぐに販売が開始できます。
但し、他店では売られていない最初に登録する商品の場合、商品名は2度と変更することが出来ませんので、今後変更しなくて済む商品名を登録してください。
また、商品の二重登録は、間違って登録してしまったなどの理由でもID停止の危険性がございますので、充分に注意してください。

ちなみに楽天では、管理ツールから商品情報のCSVダウンロードが出来ますが、Amazonでは出来ません。商品を一括で出品する場合は、登録するデータのバックアップを取っておくなどして消さないように注意しましょう。
現在、楽天市場に出店しており、これからポンパレモールにも出店しようと思っていますが、売れるかどうか不安で迷っています。出店するべきでしょうか?

ポンパレモールは出店に際して、初期費用として20,000円、月額費は前払いで半年分必要となります。(29,800円×6ヶ月=178,800円)、システム利用料が2.5%、ポイントが最低3%負担ですので、売上から最低5.5%は引かれる計算になります。
ポイント還元率が高く、店舗側にとっては苦しいところですが、楽天との差別化になり、ユーザーにとっては魅力的です。
また、ポンパレには『プレゼント企画』の機能があり、過去にプレゼント企画をして集客実績のある店舗であれば大いに活用していけます。
まだ、2013年3月OPENの発展途上のモールですが、リクルートグループのメリットを最大限に活かしてネット市場全体を網羅するサービスを構築していく可能性がありますので、運営した際のランニングコストを計算して、プレゼント企画の活用や、常時ポイント3%還元を続けられる店舗であればオススメできるモールです。
「DeNAショッピング」というサイトに出店しようと思ったのですが、今は「Wowma!」というサイトになっています。以前と何か違いがあるのでしょうか?

現在の「Wowma!」は基本的にDeNAショッピングと同じサイトで、2017年1月30日に名称がWowma!になりました。 以前からauショッピングモールと連携しており、どちらかに出店するとどちらにもショップを開くことができます。 auショッピングモールの名前も「Wowma! for au」と改称しました。 出店の条件も以前と同じで、 ◆ライトプラン 16500円 ◆アドバンスト6ヶ月プラン 56000円 ◆アドバンスト1年プラン 50000円 3つのコースから申し込むことができます。 詳細は下記URLから確認できます。 https://wowma.jp/store/plan.html
AMAZONの商品で、出品者が販売&発送しているのに「プライム」マークがついている物があるのですが、どのようにしているのでしょうか?

AMAZONでは2016年7月から「マケプレプライム」というサービスができ、出品者が条件を満たしていれば、配送、販売が自社の商品でも「アマゾンプライム対象商品」として出品できるようになりました。 条件としては、「配送でお急ぎ便に対応出来る事」、「配送料無料に対応する事」、「AMAZONの返品規約を満たしている事」などがありますが、それらを満たせば「アマゾンプライム対象商品」として認められ、商品についての問い合わせにもAMAZONのカスタマーサービスが対応してくれるようになります。 配送業者の指定や配送料の負担が必要になりますが、それ以上に露出が増え、転換率の向上も期待できるサービスですので、ぜひ積極的に取り組むことをおすすめします。
Amazonアカウントが停止されました。商品の販売が出来ません。復活させる方法はありますか?

アカウントが停止されてしまうと、Amazonから改善策の提案を求められ、改善策が認められればアカウント復活、再開となります。改善策で重要なのが「改善する」ではなく「改善した」ということです。問題の内容、深刻度によってはアカウントを復活出来ない事もあります。その場合は新規でアカウントを作成するようにしてください。この時にIP、銀行口座、電話番号などが同じだと停止されたアカウントと紐付けられて新規アカウントまで停止になってしまいますので注意が必要です。
楽天と比べて、Yahooショッピングへの出店メリットは何ですか?

毎月の固定費と売上のロイヤルティが無料(ポイント原資負担は必要)なので、ローリスクで始められるメリットがあります。また外部リンクが出来る事や顧客メールアドレスが保有できる事もメリットです。それに対してデメリットは、決済手数料が割高なことや、楽天市場と比較すると市場規模が小さい事、また、出店無料化に伴い、質の低い店舗が乱立する可能性が高い事が挙げられます。 楽天ほどの売上は難しいですが、コストをかけずに開店、運営出来るので、Yahooショッピングへ「出店する」「出店しない」で迷われている場合、出店するメリットは高いです。
楽天でオープンして2年経ち、売り上げも安定していて、そろそろ海外での販路を考えています。ただ英語等での対応や配送・支払いなどに不安を感じています。体制を整えてから始めた方がいいでしょうか?

海外での市場は、アメリカ、中国だけで、2018年には2.1兆円規模まで拡大されると予想されています。これは、現在の取引の2倍に相当します。楽天には、海外で販売出来るグローバルショッピングモールがあり、商品ページは機械翻訳で自動生成され、発送伝票もRMSから作成でき、決済についても海外でよく使われるPayPal、Alipay.com、Union Payなどが使用できます。ぜひ、他店に後れを取らないために、早急に海外での販売を始めて下さい。
現在楽天に出店していて、Yahooサイトへの出店を検討しています。Yahooサイトへ出店は有効ですか?

今までは、楽天へ出店している店舗様がYahooへ出店した場合、売上は楽天の10%程度だと言われてきました。しかし最近では、ポイントキャンペーンのCM効果やTポイント効果により、Yahooで購入するお客様が増えています。そのような状況から、広告やスマホページ等にを少し強化するだけで、楽天店舗の売上の30%~40%の売上が上がる店舗様が現れています。