ブレイントラスト EC LEARNING(ec・ラーニング)

ビギナーにも使えるヒントが満載。 ネットショップコンサルのプロがノウハウをお届け。

開店構築費5万円、最短5	営業日で完成! ECサイトの更新、コンサルティング ECサイトの更新、コンサルティング ECサイトの更新、コンサルティング

ショップ運営のお悩みを解決!

ショップ運営や売上アップの方法など、ショップオーナー様のお悩みにお答えいたします。
モール型ネットショップを運営していますが、SEO対策を強化したいと思っています。TOPページに自由にdescriptionやkeywordsが入れられませんが、どうすればよいでしょうか?

楽天、Yahoo!では、自由にデザイン設計ができるサーバーを借りるプランがあります。
楽天は「GOLD」、Yahoo!は「トリプル」(有料)に申し込むと、FTPサーバーにTOPページを設置することが出来ます。
通常のHTMLと同じようにHTML、デザインが組めますので、その記述にdescriptionやkeywordsを登録してください。
楽天の商品ページに複数商品のカートを載せたいのですが、どうしたらよいでしょうか?

基本的に商品ページには、複数商品の掲載はできませんが、カテゴリーページへ複数掲載することが可能です。
まず、任意の名前でカテゴリページを作成してください。次に複数掲載したい商品ページの「表示先カテゴリ」へ新規作成したカテゴリを追加してください。
そして、新規作成したカテゴリページの編集画面を開き、商品登録一覧の中から「1ページ複数商品形式(注文ボタン付)」を選択、「編集を完了」すればOKです。
楽天で、カート横の画像urlをコピーするとR-cabinetに保存した画像とは違ったurlになるのですが、こちらは通常の画像と何が違うのでしょうか?

カート横の「https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/店舗ID/cabinet/ファイル名.jpg?_ex=400×400」といったURLの画像は、楽天の機能で生成されたサムネイル画像です。
サムネイル画像は、R-cabinet(又は楽天GOLD)に登録した画像を縮小して表示したもので、画像のURLの最後にある「?_ex=400×400」の数字が、縮小後の画像サイズとなっています。
「?_ex=400×400」の数字部分を変える事で、任意のサイズにリサイズした画像を表示することができるようになり、同じ画像をサイズ別に作成する手間が省けます。
また、画像容量が元の画像と比べると小さくなり、ページの表示速度が早くなる為、小さい画像をたくさん並べたい場合には、上記URLのサムネイル画像を使用するようにしましょう。
楽天のオススメ商品にでてくる商品のサムネイル画像を入れ替えたのですが、古い画像のままです。どうすればよいでしょうか?

こちらはRMSの 1-2 デザイン設定 > PCデザイン設定 > 目玉商品 で「目玉商品を更新する」ボタンを押すと切り替わります。
スマホは別に更新が必要ですので、1-2 デザイン設定 > スマートフォンデザイン設定 > 目玉商品設定 で「目玉商品を更新する」ボタンを押してください。
楽天スマホの大バナー、小バナーの縦幅を変更している店舗があったのですが、どのような方法で変更しているのでしょうか?

スマホページにCSSを読み込むことで、縦幅を任意のサイズに変更する事ができます。
下記ソースを各共通説明文(TOPページ、カテゴリー、商品ページ)に入力してください。

【トップページ・カテゴリーページ】
/* 大バナー */
.rstBigBnr li img {
width: 100%;
height: 000px; /* ←任意の高さを指定する */
max-width: none !important;
max-height: none !important;
}
/* 小バナー */
.rstSmallBnr .smtBannerItem03 img {
width: 100%;
height: 000px; /* ←任意の高さを指定する */
max-width: none !important;
max-height: none !important;
}

【商品ページ】
/* 大バナー */
#shopInfoSliderLarge .bannerImageFrame img {
max-height: none !important;
}
/* 小バナー */
#shopInfoSliderSmall img {
max-height: none !important;
}

この方法を使えば、PCとスマホのそれぞれにサイズの違うバナーを作らなくてもよくなる為、作業効率の向上に期待できます。
PCのバナーをスマホ用に作り替えている方は、是非この方法を試してみて下さい。
楽天GOLD用に作ったページに商品検索を入れたのですが、文字化けしてしまって何が悪いのか判りません。どうしたらよいでしょうか?

恐らく作成したhtmlファイルの文字コードが、EUCになっていないのではないでしょうか?
TeraPadなどの文字コードが変換できるソフトで htmlファイルを開いて、文字コードをEUCにして保存してから、アップロードしてみてください。
楽天で商品登録の際、項目選択肢で色を選べるように、実際の色見本画像を表示したいのですが、どうすればよいでしょうか?

楽天ではデフォルトで、項目選択登録時に色見本の画像を登録できるので、その機能を使うとよいでしょう。
使用する画像はR-cabinetへ登録、そのURLを項目選択画面にて「色見本」の入力エリアに登録してください。
楽天ではイベント時になると、様々な店舗でポイントアップやクーポン配布をしていますが、ポイントアップとクーポン配布はどのように使い分ければいいのでしょうか?同じ割引でもそれぞれの役割の違いがあればお教えください。

ポイントアップの場合はクーポンと違い、商品検索時の段階でポイント変倍率が表示されるため、アクセス数を伸ばす上でより効果的といえるでしょう。
大型イベント時には、モール側がポイントアップイベントを企画しているので、それに相乗りする事でさらにアクセス数の増加や転換率アップにも期待できます。
一方、クーポンの場合はポイントアップと比べ、設定の豊富さに特徴があります。
○○円以上購入時にクーポンを使えるように設定できたり、2枚購入で使えるクーポンなど、様々な条件を付ける事により、戦略的に客単価の向上や転換率アップを狙う事ができます。
イベント時にどういった戦略を立てるかによって、どちらを利用するか、または併用していくかを考えていくといいでしょう。
楽天RMSのCSV機能を申し込んだら、item Robot(アイテムロボット)というツールが無料で使えると言われましたが、何ができるツールなのでしょうか?

ハングリード社が提供する「item Robot」は楽天、Yahoo!ショッピング、ポンパレモール、メイクショップなどの商品を一括登録管理出来るツールです。
商品名一括変更、画像の一括編集、登録や、それぞれのモールへ商品情報を変換できる機能などが搭載されています。
その他にも、楽天限定ですが、検索からのアクセスアップが狙える「狙い目キーワード」の紹介や、スーパーSALE用商品の一括作成機能、時間を指定しての商品予約アップロード機能など便利な機能がたくさんあるため、そういった機能を利用したい方にもお勧めのツールです。
モール型の店舗の場合、スマホのトップページはPCのトップページと比べて、どの程度の作り込みが必要でしょうか?

店舗やジャンルによってイレギュラーはありますが、多くの店舗の場合、アクセス数の「TOPページ÷商品ページ」の値はPCとスマホを比べても大きくは変わりません。
ただし、最近ではより顕著に商品ページへのアクセス数が「スマホ > PC」となっていて、絶対数ではスマホのTOPページに訪れているユーザーの方が多いため、スマホページを作り込む重要度はPCと比べて高くなります。
どちらも作り込めればベストですが、時間がない場合などは優先的にスマホTOPページをブラッシュアップしてはいかがでしょうか。
可能であれば固定のナビゲーションを設置したり、オススメの特集バナーを目立つ位置に配置するなど、買い周りがしやすいように整えていくといいでしょう。
楽天市場の商品ページで、自ショップ商品の1カテゴリーのみの検索窓を設置したいのですが、できますでしょうか?

iframeでフォーム設定を読み込むことで設置が可能です。1カテゴリーのみ検索する場合は、フォーム入力に最初からカテゴリー属性を検索条件として設定しておきましょう。
楽天市場の「会社概要」ヘッダーに画像でカテゴリーリンクなどを設置しているショップがありますが、検索窓は設置できるのでしょうか?

会社概要のヘッダーは、RMSの 1 店舗設定 > 基本情報設置 > 会社概要ページ > デザイン > プルダウンの「編集」で触ることができますが、触れる範囲は、ナビボタンのみで「画像+リンク」の設定のみとなります。楽天のシステム上、検索窓の組み込みはできません。
楽天などの大型ショッピングモールでの商品転換率は、通常どれくらいなのでしょうか。

一般的にECサイト全般では1~3%が平均的と言われており、商品ジャンルによっては1%を切るものもあれば10%を超えるものもあります。
楽天の場合は「店舗カルテ」> 売上の公式」で転換率を選択し、「月商別平均値」を選択する事で、同じような商材を扱っている店舗の平均値が確認出来るので参考にしてみるといいでしょう。
もう少し詳しく知りたい場合はモールの担当者が情報を持っていると思いますので、ご自分のお店のジャンルの情報を聞いてみると答えてくれる場合があります。
楽天では商品登録時に動画を登録すると上位表示に効果的だと聞きました。そこで動画を撮影したのですが、文字入れや動画の切り貼りが簡単にできるソフトがあればお教えいただけませんか?できればフリーソフトであると助かります。

スマホの場合は動画編集のフリーソフトがたくさんあるので、操作してみて使いやすいものを選んでいただくといいでしょう。
短い動画だと問題ないですが、長くなるとPCソフトと比べて容量や操作性の問題が出てくるため、動画が長い場合やたくさんの動画を編集する場合にはPCのソフトをおすすめします。
PCの場合、以前まではwindowsに標準で「ムービーメーカー」のソフトがついていましたが、2017年に入りサポートが終了してしまったため、新しいパソコンにはダウンロードできなくなってしまいました。
その他の無料動画編集ソフトには老舗の「AviUtl」があり、プラグインを利用する事で様々な機能を追加していくことができますが、編集画面が独特の為、使いこなすにはソフトに関する勉強が必要になります。
直感的に簡単に動画を編集したいという事であれば、有料になりますが比較的安めの「filmora」がオススメです。
直感的に動画編集でき、機能面でも申し分ない為、これ一つあれば見栄えのいい動画が作れるようになるでしょう。
ビデオ出力時にロゴの透かしが入りますが、無料版もあるので、一度ご利用頂いて操作性を確かめてみて下さい。

「AviUtl」  http://www.gigafree.net/media/me/aviutl.html
「Filmora 」 https://filmora.wondershare.jp/
楽天スーパーセールサーチに商品を登録すると、どんな効果が期待できるのでしょうか?

スーパーセール期間中に一番効果のある広告と云われているのが「スーパーセールサーチ」です。
任意に選んだ自ショップの商品を申請してOKが出れば登録されますが、楽天側の審査がありますので、出来るだけ同カテゴリで競争力のある商品、またはオンリーワンの商品を申請することをオススメします。
効果としては、サーチに登録されることで通常より目立つため、約25倍のユーザーが訪問してくれることです。
セール期間中は訪問が増えるので、商品ページに買回り品リンクを設置すれば回遊率も上がります。スーパーセール後は、ショップや商品の検索結果が上昇しますので、購入客にはアフターフォローを行ったり、セール期間中に売上が上がったサーチ以外の商品をプッシュするコーナーを設置したりすれば、ファンも増えて更に効果を持続することができます。
楽天のスーパーセールやお買い物マラソンの最中に短期間(5~6時間程度)のタイムセールを開催している店舗があるのですが、これにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

イベントの全期間ではなく、短期間のセールにすることでお得感が出るため、購買意欲が高まり転換率が上がりやすい効果があります。
もしできるなら、商品を変えるなど変化をつけて短期間のセールを複数回行う事で、お客様がイベント中に何度も店を訪れてくれるようになり、アクセス数のUPにも期待できます。
また、短期間に商品を多く売る事によって、タイムセールが終わった後もランキングや検索時の表示順位UPにつながる為、セール後の顧客流入が増えるメリットがあります。
大型イベント中には楽天開催のタイムセール枠がありますので、こちらの枠を購入してもいいですし、広告枠が購入できない場合にも、自店舗で独自にタイムセールを開催する事は、上記のメリットがあるため効果的です。
もし独自にタイムセールを開催する場合は、メルマガや店舗ページで事前告知をしっかりとしておくようにしましょう。
初めてECショップを立ち上げようと準備をしているのですが、楽天などのモールか、ショップサーブなどのオリジナルショップか迷っています。どちらにもメリット・デメリットがあると思いますが、教えてください。

<モールのメリット>
1オリジナルショップと違って「導線」が確保されている。
2広告メニューが充実している。
3検索エンジンが高精度。
4競争力のある商品はある程度の売れ行き確保が可能

<モールのデメリット>
1運営費が高い。出店料、販売手数料、月額利用料他、経費が諸々かかる。
2少ない月商のショップでは赤字になりやすい。
3大きなWEBシステム内で稼働しているため、WEB技術やデザインも様々な制約の中で実装しなくてはならない。

<オリジナルショップのメリット>
1自由度が高い。最初に工数をかければかなりの自由なデザインのショップ設計が可能。
2モールに属していないために初期構築費以外には出店料や販売手数料が発生しない場合がほとんど。 3最低の月額利用料のみでの運営が可能。

<オリジナルショップのデメリット>
1「導線」が最初から無い。
2自分で広告出稿の申し込みをする必要がある。
3一般的な流通商品を売る場合、検索で引っかかりにくいため売れにくい。
など、モールとオリジナルショップにはそれぞれメリット・デメリットがありますので、自ショップで取り扱う商品特性によって、どちらにするか決定してみてはいかがでしょうか。
楽天の6時間タイムセール枠を購入したのですが、来店したお客様に入稿商品以外も注目してもらうため、他商品を値下げして販売したいと考えています。この場合、楽天規約などに引っかかりませんでしょうか?

基本的に問題はありませんが、タイムセールと同じように二重価格と誤解されるような表現は避けて展開しましょう。
季節商品などを売るには有効な方法だと思います。
楽天やYahoo!では、検索アルゴリズムが少しずつ変わる、と良く言われますが、どこを見ればその傾向が判りますでしょうか?

モールの検索アルゴリズムの変化は公表される物ではないので、日々自ショップの商品やライバル店の商品を検索して、傾向を掴む努力が必要です。
サジェストワードにも目を配って、トレンド・関連キーワードなどをチェックし、変化に気付けるようにしましょう。
アルゴリズムの理解には下記を参考にしてみてください。
参考:
楽天市場のショップをYahoo!ショッピングに移植したいのですが、注意する点があれば教えてください。

移植の際は、特に下記点にご注意ください。
1、テキスト内容 >「楽天ランキング1位」「あす楽」など楽天用語を使っていないか、テキストも画像内文言も確認してください。
2、楽天のみ展開商品 > 楽天でのみ取り扱っている商品は、形や名前を変えて販売するか、Yahoo!では販売しないようにしましょう。
3、商品情報の仕様 > 楽天の商品管理番号とYahoo!の個別商品コードは必ず同じものにしましょう。その他、Yahoo!用に修正が必要な項目があります。楽天とYahoo!のマニュアルを確認して作業を行ってください。
4、楽天GOLDの利用 > 楽天GOLDを使っている場合、デザインやcss等をYahoo!で実装するために「Yahoo!トリプル」の申し込みが必要です。Yahoo!トリプルはオプション料金がかかりますので必要な場合は検討ください。
5、賑わいツール > ツールを使用している場合、Yahoo!側の仕様によっては使えないこともあります。表示できない場合はYahoo!とツールの仕様を確認してください。
1 / 6123456