ブレイントラスト EC LEARNING(ec・ラーニング)

ビギナーにも使えるヒントが満載。 ネットショップコンサルのプロがノウハウをお届け。

開店構築費5万円、最短5	営業日で完成! ECサイトの更新、コンサルティング ECサイトの更新、コンサルティング ECサイトの更新、コンサルティング

ショップ運営のお悩みを解決!

ショップ運営や売上アップの方法など、ショップオーナー様のお悩みにお答えいたします。
初めてECショップを立ち上げようと準備をしているのですが、楽天などのモールか、ショップサーブなどのオリジナルショップか迷っています。どちらにもメリット・デメリットがあると思いますが、教えてください。

<モールのメリット>
1オリジナルショップと違って「導線」が確保されている。
2広告メニューが充実している。
3検索エンジンが高精度。
4競争力のある商品はある程度の売れ行き確保が可能

<モールのデメリット>
1運営費が高い。出店料、販売手数料、月額利用料他、経費が諸々かかる。
2少ない月商のショップでは赤字になりやすい。
3大きなWEBシステム内で稼働しているため、WEB技術やデザインも様々な制約の中で実装しなくてはならない。

<オリジナルショップのメリット>
1自由度が高い。最初に工数をかければかなりの自由なデザインのショップ設計が可能。
2モールに属していないために初期構築費以外には出店料や販売手数料が発生しない場合がほとんど。 3最低の月額利用料のみでの運営が可能。

<オリジナルショップのデメリット>
1「導線」が最初から無い。
2自分で広告出稿の申し込みをする必要がある。
3一般的な流通商品を売る場合、検索で引っかかりにくいため売れにくい。
など、モールとオリジナルショップにはそれぞれメリット・デメリットがありますので、自ショップで取り扱う商品特性によって、どちらにするか決定してみてはいかがでしょうか。
楽天やYahoo!では、検索アルゴリズムが少しずつ変わる、と良く言われますが、どこを見ればその傾向が判りますでしょうか?

モールの検索アルゴリズムの変化は公表される物ではないので、日々自ショップの商品やライバル店の商品を検索して、傾向を掴む努力が必要です。
サジェストワードにも目を配って、トレンド・関連キーワードなどをチェックし、変化に気付けるようにしましょう。
アルゴリズムの理解には下記を参考にしてみてください。
参考:
楽天市場のショップをYahoo!ショッピングに移植したいのですが、注意する点があれば教えてください。

移植の際は、特に下記点にご注意ください。
1、テキスト内容 >「楽天ランキング1位」「あす楽」など楽天用語を使っていないか、テキストも画像内文言も確認してください。
2、楽天のみ展開商品 > 楽天でのみ取り扱っている商品は、形や名前を変えて販売するか、Yahoo!では販売しないようにしましょう。
3、商品情報の仕様 > 楽天の商品管理番号とYahoo!の個別商品コードは必ず同じものにしましょう。その他、Yahoo!用に修正が必要な項目があります。楽天とYahoo!のマニュアルを確認して作業を行ってください。
4、楽天GOLDの利用 > 楽天GOLDを使っている場合、デザインやcss等をYahoo!で実装するために「Yahoo!トリプル」の申し込みが必要です。Yahoo!トリプルはオプション料金がかかりますので必要な場合は検討ください。
5、賑わいツール > ツールを使用している場合、Yahoo!側の仕様によっては使えないこともあります。表示できない場合はYahoo!とツールの仕様を確認してください。
楽天やyahooの自社商品の検索順位をチェックするツールとしておすすめのものはありますか?

アレグロマーケティングが販売している「RANK REPORTER」は、始めに少し設定が必要ですが、競合サイトとの比較画面が分かりやすくおすすめです。
またyahooショッピング限定となりますが、アルゴノーツが提供している「検索順位チェックツール」はストア内検索や広告枠への掲載についての調査もできるため、yahooショッピングを運営されている方にはおすすめのツールです。
どちらのツールも無料体験版がありますので、是非お試しください。

「Rank Reporter」 https://www.allegro-inc.com/products/detail.php?product_id=30
「アルゴノーツ」http://argonauts-web.com/service/yahoo/rankcheck/index.html
Yahoo!ショッピングで効果があると云われる「PRオプション」を上手く使いたいのですが、コツはありますでしょうか?

PRオプションはCPCと違って売れてから広告費が発生します。
まずは、料率を設定して一定期間経ってから売上・利益・アクセス数・順位を確認して、利益率の高かった料率を見付けましょう
次に売れ筋商品以外の商品は、一気に料率を高く設定してみてください。売れ筋以外はクリック率が低いのでリスクも低いといえます。
もう一つの方法としては、セット商品や単価の高い商品の料率を高く設定してみましょう。比較的楽に検索上位に出せるので効果的です。
Yahoo!ショッピングでは、楽天市場と違って外部リンクを貼ってもOKと聞きましたが本当ですか?

はい、問題ありません。自社の本店やSNS、他モールへ出店している場合でもリンクが可能です。
但し、あまりにも関連性の無いサイトや、不適切と判断されたサイトへのリンクはできません。
尚、Yahoo!では外部リンクURLをクリックした際 「あなたがアクセスしようとしているリンク先はYahoo!ジャパンではありません」と注意書きが表示されますが、表示されたURLをクリックすることで正しく表示されます。
ヤフーショッピングストアで、検索フォームを自分で決めた位置に設置したいのですが、簡単に設置する方法はないでしょうか?

ヤフーショッピングストアから、検索フォームの独自タグが用意されており、検索フォームとボタンの位置関係が、「縦並び」と「横並び」の2パターンあります。

縦並び → <!–Y store_search:type=a –>
横並び → <!–Y store_search:type=b –>

上記の検索フォームタグを表示させたい場所に貼ることで設置出来ます。
ヤフーショッピングストアで、商品に送料無料の設定をしているのですが、商品ページに送料無料アイコンが表示されません。どのようにすればよいのでしょうか?

配送方法・送料設定の項目で、重量の設定をし、商品ページの重量入力欄に送料無料に設定した重量を入力しないと表示されません。
例)1.ストア構築⇒カート設定⇒配送方法・送料設定⇒項目「送料」の中の【重量(こん包後)】0~の項目の【送料】に1,000円など任意の送料金額を設定。
2.送料無料にする【重量(こん包後)】任意の重量を入力、送料を0円と入力。
3.商品ページ編集で、販売用情報の【重量】の入力欄に、送料無料設定した重量を入力。
これで、アイコンが表示されるようになります。
Yahoo!ショッピングで、画像を一括登録したいのですが、方法はありませんか?

ストアクリエイターProでは、zipファイルで画像をアップロードできます。
画像管理 > 追加 > 一括アップロード のボタンを選択し、参照するzipファイルをダイアログから選択してアップロードしてください。
但し、そのときに参照している階層に画像ファイルが置かれますので、画像管理上、判りやすい階層ごとに置き場所を事前に決めるようにすれば扱いやすくなります。
Yahoo!ショッピングで商品を値引きした際「何%引き」と簡単に表示を変更する方法はありませんか?

「商品ページ編集」の設定で簡単にできます。「メーカー希望小売価格(税込)」を定価に設定しておき、その下の「通常販売価格(税込)」へ実際の値引き価格を入れてください。
それだけで商品ページの価格の下に、赤い囲み文字で「50%OFF」などと表示されるようになります。
ヤフーショッピングストアでトリプルに申し込みしましたが、トリプル用に取得したIDのパスワード、確認用メールアドレスも忘れてしまいました。 再発行はしてもらえないのでしょうか?

両方忘れてしまうと、一旦解約をして新たにトリプルを申し込みするしか方法はございません。 トリプルを利用停止にすると、翌月1日に停止処理が行われて解約手続きが完了します。 次回申込は新規取得になるので、以前のデーターは引き継げませんが、この方法でトリプルを再度利用することは出来ます。
モールで売り上げが100万円を超えない段階での、売上アップの戦略を教えてください。

売上アップの為には広告を使う事も考えられますが、通常時の売り上げが低い段階だと費用対効果が悪く、次のステップにもつながっていきにくいためお勧めできません。
広告を使わない代わりに、「看板商品」として商品の価格を下げて露出を増やしていく方が、モールの初期段階の戦略としてはおすすめです。
ただそれだけだと、売り上げが伸びても利益が出ずに労力ばかりがかさんでしまうので、「看板商品」だけではなく、売り上げ確保が目的の「お勧め商品」、利益を稼ぐための「定番商品」も合わせて作っていく様に意識しましょう。
「お勧め商品」は販売価格が高く、さらに独自性があるもの、「定番商品」には、ターゲット層が広く季節を問わず売れる物がいいでしょう。
これらの3つの役割の商品が揃って来れば、売り上げの100万円超えも見えてくるでしょう。
楽天市場店に続いてYahoo!ショッピングにも出店したいが、商品情報欄はそのまま移行できますか?

全部の情報の移行が可能です。 表示仕様の違いが細かくありますので、CSVでシートを編集して調整する必要があります。 例えば、表示領域の横幅ピクセルサイズが違う場合は、シートで一斉変換することで対応可能です。 移行する際は、先に楽天側の商品情報も整理をした上で、綺麗に仕様を揃えることをお勧めいたします。 楽天とYahooの商品情報を同じデータ構成にすることで、今後の運用が格段に楽になります。 画像のデータについても格納場所が変わりますので、そのまま移行するには楽天GOLDと同じようなストレージサービスのYahoo!トリプルのご契約をお勧めいたします。
ヤフーショッピングストアで、商品画像の下のスペースを利用して、オリジナルのバナーを設置しているお店がありました。管理画面では入力する所が無く、CSSを利用していると思うのですが、どのような方法で設置しているのでしょうか?

CSSをを利用するので、トリプルを契約していることが前提です。方法は、商品ページの「ひと言コメント」フォームを、利用します。CSSは#CentItemInfo2にクラスなどのセレクタを当てはめ下記ソースを入れて下さい。
例)#CentItemInfo2 .test {
width: 300px;
position: absolute;
top: 420px;
left: 0px;
display: block;
}
一言コメントのフォームには下記ソースを入れてください。
<img src=”http://shopping.geocities.jp/ストアID/商品画像名” class=”test”></a>
この方法で、表示させることが出来ます。
Yahooの商品名を付ける際に、SEO対策としてどのような事に気を付けるといいでしょうか?

Yahooでは楽天でよく見られる【】☆♪などの記号を使用すると、表示順位のペナルティがかかりますので、入れないように気を付け手下さい。 また、yahooでは「売れている順」「キーワードの適合順」といった検索の際の表示順を選択することができるので、それらを利用して「売れている順」では下位なのに、「おすすめ順」や「キーワードの適合順」では上位に来る商品に注目してみましょう。 それらの商品は検索キーワードに対して上位表示されやすい商品という事ですので、それらの商品名の付け方や法則を調べて真似してみる事で、より検索の際に上位に表示する事ができるようになるでしょう。
スマホの売上が全然上がらないんですけど、何をすればよいでしょうか。

2016年上半期の調査では、日本でも既にEC市場の50%以上の売上はスマホからの購入となっています。 今のショップではスマホで表示したとき、文字がちゃんと視認できる大きさで表示できていますか? 特にメインとなる看板や、商品のメイン画像の中の文字や、商品説明文が小さすぎると、それだけでお客様が見たときに「読みにくい」と思ってしまい、離脱率が上がってしまいます。 まずは、しっかりアイキャッチできるように、大事なキャッチコピーや商品説明を読みやすい大きさにしてください。 PCサイト用に作った画像のまま、全部の画像をスマホで流用してしまうと楽ですが、これではいつまで経ってもスマホからの売上増は期待できません。 現在はスマホからの購買層は20~30代がメインですが、そのうち40~50代も多くがスマホを利用するようになります。 当然年代によって視力も悪くなってくるので、視認性の高いサイトを目指すことは必須です。 今のうちに「モバイルフレンドリー」なショップを目指して、商品ページなどを見直しておくことが必要です。
Yahooショッピング内で、どうやったら検索に引っかかるのか判らないのですが…。

無料で出来るSEO対策としては、Yahooショッピングで検索される基本項目をきっちり入力しておくことが重要です。 まずは、 ・商品名 ・商品コード ・キャッチコピー ・商品情報 ・製品コード ・JANコード ・ISBNコード この7つを、正確で伝わりやすいキャッチコピーや関連語句を使って作成してください。 特に重要なのは、商品名です。Yahooショッピング内だけではなく外部からの検索にも引っかかりやすくなります。 Yahooショッピングでは、禁止文字(記号:【】[]!!★☆◆≪≫■<> ♪など)を入れると、減点対象とされてしまいます。 商品名の文字数も重要で、平均的に全角30文字程度が良いとされています。 商品名の並べ方は、できれば法則を作って一般語句から順番に並べるのが良いでしょう。 一番最初の語句が一番重要で、右に行くほど検索結果に引っかかりにくくなります。 例) メーカー名[ブランド名]/商品名/一般名称[ジーンズ、リップグロスなど]/関連語句[日本製/サイズ/カラーなど]/品番・JANコードなど といった感じです。あくまでも一例ですが、うまく編集して全角30文字以内になるよう考えてみてください。 また、商品登録の際、販売用情報 のタブ > プロダクトカテゴリコードを入力の情報を、選択肢から選んで登録してください。 できるだけ正確に分類されたカテゴリを登録すると、Yahooショッピング内のカテゴリ検索で適切に検索されるようになります。 プロダクトカテゴリコードの下にある、スペック、オプションも入力すると、商品管理も更にしやすくなります。
無料だったのでYahooに出店したのですが、なかなかアクセス数が伸びません。なにかいい方法はありますか?

Yahooは現状ではモール自体のアクセス数が他のモールに比べて少なく、さらに無料ということで出店された店舗様がかなり増えた為に他店舗との競争も激しくなってしまい、どの店舗様もアクセス数の少なさには苦労している様です。 ただ、yahooは「アイテムマッチ広告」「ストアのイチオシ広告」という、楽天でいう「CPC広告」のような成果報酬型広告が「10円~」と楽天に比べても格段に安いので(楽天はPC50円~、モバイルが40円~)、そちらを利用してアクセス対策を図ってみてはいかがでしょうか? 他のモールで埋もれがちだった商品などは、Yahooの広告を利用すれば他モール以上の売り上げが期待できる場合もあります。
ヤフーショッピングストアでショップを運営しています。HTMLソースのコメントアウトタグを使って、ある部分を非表示にしたいのですが出来ません 。何か良い方法はありますか?

コメントアウトタグを改行していませんか?ヤフーショッピングストアではコメントアウトソースを改行すると、テキストとして認識されます。改行をしないで1行で入力することで、 コメントアウトタグが認識されて非表示にすることが出来ます。
楽天とYahooから「常時SSL化」するので、対応してくださいと通達が来ました。どこをどう対応すればいいか、さっぱり判らないのですが。。。

楽天で「楽天GOLD」、Yahoo!で「Yahoo!トリプル」を使用している場合は、FTPサーバ内のその全てのソース(html、cssなど)に記述された画像URLのみを「https://~~」へ変更する作業をショップ側で行う必要があります。 ショップでの対応手順ですが、モールから常時SSL化を申請してくださいとの連絡がありますので、先ず申請を行ってください。 モールから、常時SSL化が完了したとの連絡が来たら、ショップ側で「https」への変更作業を行ってください。 そのまま放っておくと、対象画像が表示されない画面になってしまいます。 「楽天GOLD」と「Yahoo!トリプル」を使用していない場合は、この対応は必要はありません。
1 / 212