ブレイントラスト EC LEARNING(ec・ラーニング)

ビギナーにも使えるヒントが満載。 ネットショップコンサルのプロがノウハウをお届け。

開店構築費5万円、最短5	営業日で完成! ECサイトの更新、コンサルティング ECサイトの更新、コンサルティング ECサイトの更新、コンサルティング

ショップ運営のお悩みを解決!

ショップ運営や売上アップの方法など、ショップオーナー様のお悩みにお答えいたします。
ショップ運営Q&A
楽天と比べて、Yahooショッピングへの出店メリットは何ですか?

毎月の固定費と売上のロイヤルティが無料(ポイント原資負担は必要)なので、ローリスクで始められるメリットがあります。また外部リンクが出来る事や顧客メールアドレスが保有できる事もメリットです。それに対してデメリットは、決済手数料が割高なことや、楽天市場と比較すると市場規模が小さい事、また、出店無料化に伴い、質の低い店舗が乱立する可能性が高い事が挙げられます。 楽天ほどの売上は難しいですが、コストをかけずに開店、運営出来るので、Yahooショッピングへ「出店する」「出店しない」で迷われている場合、出店するメリットは高いです。
楽天でオープンして2年経ち、売り上げも安定していて、そろそろ海外での販路を考えています。ただ英語等での対応や配送・支払いなどに不安を感じています。体制を整えてから始めた方がいいでしょうか?

海外での市場は、アメリカ、中国だけで、2018年には2.1兆円規模まで拡大されると予想されています。これは、現在の取引の2倍に相当します。楽天には、海外で販売出来るグローバルショッピングモールがあり、商品ページは機械翻訳で自動生成され、発送伝票もRMSから作成でき、決済についても海外でよく使われるPayPal、Alipay.com、Union Payなどが使用できます。ぜひ、他店に後れを取らないために、早急に海外での販売を始めて下さい。
看板商品が在庫切れになってしまい、店舗の売り上げが落ちてしまいました。何かいい対策はありませんか?

在庫切れの状態で放置していると、検索順位も下がってしまうので良くありません。予約商品として注文を受け付ける事ができるように、「即日発送」と「○○月○○日発送予定」など2つに分けて項目選択肢別在庫を設定してあげましょう。こうすることで検索順位を下げずに済むので、入口商品としての役割も果たせますし、 商品の入荷を待ってでも買いたい方の取り逃がしもなくなりますので、売り上げの減少を最小限に留めることが出来ます。
売れ残った商品を効率良く売るようにするには、どのようにしたら良いでしょうか?

値段を下げるだけではなく、イベント的な販売戦略をしてみましょう。例えばイベントカテゴリーページを作り、売れ残った色のTシャツがあった場合、『真夏の洗い替え、TシャツMサイズ10セット!』や、食器であれば『割れても大丈夫!平皿2組10枚セット』、『急な多くの来客でも安心!カラフルコップ20個セット』など、『洗い替え』や『割れても大丈夫』などのキャッチを付けることでセールイベント的なイメージを与え、効率良く売り切ることが出来るのではないでしょうか。
もうすぐゴールデンウィークにですが、こういった大型連休期間は売上を上げやすいのでしょうか?

いいえ、売上は上げにくいです。ゴールデンウォークやお盆などは実店舗とは違って、外出される方が多くPCで買い物をする人が少なくなる傾向にあり、必然的に売り上げも減ってしまいます。対策としては少しでもスマホサイトに力を入れて、外出先でも購入して頂けるよう、見やすく充実したページ制作を行っていきましょう。
楽天のイベント時には必ずポイントアップをしているのですが、リピーターが増えてくれません。他に何かいい方法はありませんか?

楽天の顧客はイベント時のポイントアップに慣れてしまっているので、それだけですとリピーターが効果的には増えていきません。イベント時のポイントアップと合わせて「サンキュークーポン」を配布してみましょう。「サンキュークーポン」で初回限定者向けに思い切った条件を設定することで、リピーター増加の最大の難所である初回~2回目のハードルがクリアしやすくなります。1度リピート頂いたお客様は、次のリピート率もより高くなりますので、是非「サンキュークーポン」をご活用ください。
楽天でアクセスを簡単にアップさせる方法はありますか?

簡単にアクセス数をアップさせるのは難しいですが、商品の登録数を増やすことで、検索にヒットさせる可能性を増やすことが出来ます。商品があまりない店舗の場合であれば、商品にカラーバリエーションがあれば、各色で商品登録して商品数を増やします。他には、セット商品などを作って商品数を増やすなどです。この場合、レビューが同一商品に集中しなく、カラー違いで分散されるデメリットはありますが、アクセスアップを重視するのであれば有効です。
楽天のSEOで一般的な商品名、キャッチコピー、商品説明分以外で何か対策はないでしょうか?

RMSの商品画像の中の名称(ALT)を修正してください。RMSでは、修正して入力をしないと、商品名がそのまま入ります。そこを正しく、わかりやすく入力するとgoogleが画像として拾ってくれます。また、商品説明文に入っている画像にもALTを入れて下さい。
楽天でCPC広告を利用したいのですが、何か気を付ける事はありますか?

まず「除外キーワード」を必ず設定するようにして下さい。楽天のCPC広告は、楽天側が自動でキーワードを拾ってくる仕様になっているので、本来表示したいサーチワード以外で表示されることがあります。例えば「店舗名」「商品の個別名称」「元から高順位に表示されているワード」などがCPC広告によって表示され、クリックされた場合は、本来必要のない無駄な出費となりますので、このようなワードは「除外キーワード」に設定するようにしましょう。また「広告グループ」から原稿を編集して、キャッチコピーを作り込む事も忘れないようにして下さい。

楽天スーパーSALEやお買い物マラソンなどのセール前の買い控えを減らしたいです。良い方法はないでしょうか?

買い控えがはじまるセール1週間前ぐらいに「楽天スーパーセール前企画!当店全品ポイント10倍」などの自社負担ポイントを活用して、目玉商品を全面に押し出して、競合店よりも一足先に顧客を取り込んでいきましょう。競合店で購入される前に、先に購入してもらえるような独自セールを行うことで買い控えも少なくなり、潜在顧客の獲得にもつながっていきます。

楽天市場の商品レビューを獲得するため「送料無料」などの特典を付与していましたが、ルールが変わってこの方法が使えなくなりレビューが集まりません。何かいい方法はありませんか?

商品到着後、レビューを書いて、連絡をいただいた場合には、クーポン発行が出来ます。例えば使用条件を付けずに「500円OFFクーポン」や「送料無料クーポン」を発行してください。次回利用できるお得なクーポンを獲得したいために、レビューが集まる可能性が高まります。この実施可能なキャンペーンを利用してレビュー獲得をしてください。
スマホサイトでよく見かけるフローティングバナーのベストな表示位置は、どこでしょうか?

フローティングバナーの表示位置は、上部、真ん中、下部の三か所に分かれます。この3か所にバナーを設置した際のクリック率、Close率(バナーを閉じる率)を検証しましたら、上部クリック率:10%、Close率:35%、真ん中クリック率:15%、Close率:40%、下部クリック率:10%、Close率:10%となりました。バナーを真ん中に表示させればクリック率が上がりますが、見たい情報を隠してしまうためClose率も高くなりがちです。この結果からバナーのお勧め表示位置は、内容にもよりますが下部がいいでしょう。

楽天の商品名で関連ワードを入れた方がいいと聞きましたが、どのようなものを入れればいいでしょうか?

楽天の場合は、楽天サーチのサジェスト機能(何か文字を入れた際に、よく検索されている関連ワードが出てくる機能)があるので、それを利用するのがいいでしょう。例えば「コート」が商材だとしたら、「デニム」や「スプリング」などのワードがサジェスト機能で出てくるので、そういったものから商品に合ったワードをピックアップしてみて下さい。またトレンドワード(母の日、こどもの日、お中元など)も検索ワードとして強力ですので、そう言ったワードと関係のある商品があれば、入れる事をお勧めします。

スマホサイトの操作性を上げる、効果的な方法は、ありますか?

ページ上部に、スクロールをしても常についてくる「メニューアイコン」を取り付けることをおすすめします。メニューアイコンをタップするとメニューが大きくなり、ユーザの求めるコンテンツに辿り着きやすく迷子になりにくい効果があります。大きく表示された際のメニュー構成も重要で、一番訪れてほしいコンテンツにはバナーで誘導してください。

楽天イベントで提供されるイベントバナーを設置するのは有効ですか?

小さなイベントなどは、イベントバナーを設置してもあまり効果はないと思われますが、お買い物マラソンやスーパーセールなどの大きなイベントでポイント変倍を行っている場合は、楽天のイベントバナーや自社で作成したバナーを付けてお得感をアピールしましょう。大きなイベント時は購入意識が高いお客様が多く、出来る限りお得情報は目に留まる方がいいので、イベントバナーは設置された方がいいでしょう。

店舗をオープンして2年たち、リニューアルを考えています。何をポイントにリニューアルをすればいいでしょうか?

オープンして2年たつと、商品の強みなど売り上げの比率なども変わってきていると思います。
再度、ベネフィットを考えていただき、このショップで購入していただきたい商品の優先順位を決め、お客様を誘導出来るように構成を再度検証してみてください。

売り上げを上げたいのですが、どこから手を付けていいかまったく分かりません。

まずはデータを確認してみましょう。楽天では店舗カルテなどが用意されていますので、こちらを日々チェックするようにしましょう。
ネットショップの売上は「アクセス数」×「単価」×「転換率」を元に計算されます。この3つのうち何が強みで、何がボトルネックとなっているかをそれぞれ分析して下さい。データを元に課題を明確にし順序立てていくことが、ネットショップの売上を上げていくうえでは必要不可欠な事です。

スマホからの購入者が増えています。スマホを強化したいのですが、どこを強化したらいいのでしょうか?

商品ページから強化してください。商品説明にPCの販売説明文と同様の画像をスマホにも掲載して下さい。スマホの商品説明には、通常、画像が3枚しか掲載できませんので、PCの商品説明ページを画像にして3分割にする必要があります。ひと手間かかりますが、商品説明をPCと遜色がないようにして商品の魅力を伝え、転換率をアップさせてください。

現在楽天に出店していて、Yahooサイトへの出店を検討しています。Yahooサイトへ出店は有効ですか?

今までは、楽天へ出店している店舗様がYahooへ出店した場合、売上は楽天の10%程度だと言われてきました。しかし最近では、ポイントキャンペーンのCM効果やTポイント効果により、Yahooで購入するお客様が増えています。そのような状況から、広告やスマホページ等にを少し強化するだけで、楽天店舗の売上の30%~40%の売上が上がる店舗様が現れています。

楽天イベント時に、期間限定の広告を購入しました。その際、広告の入稿期限がイベントの2週間以上前になっています。入稿後、2週間以上もその商品を販売することが出来ません。何かいい方法はありませんか?

販売期間限定で広告に出している商品のコピーページをまず作成して下さい。次にサイト内のリンク先も全てコピーページに変更、販売できる対応をして、販売期間が終了するまでは、このページで商品を販売してください。販売期間が終了しましたらすぐに元のページで販売出来るようにすれば大丈夫です。