EC LEARNING

サービス案内

OTHERS

トップ > コミュニケーションデザイン > ブランド構築支援

ブランディング 企業の持つ価値をブランドとして形にすることで、顧客とのコミュニケーションを最大化し、競合店との差別化を促進し、顧客の生涯価値を獲得します

ブランド構築支援 Branding Plan ブランディングプランの内容

企業ブランド、商品ブランドなど、ブランドの持つ基本的な価値や、アイデンティティを抽出し、言葉や形にして表現します。
それを顧客とのコンタクトポイントの全てに反映させることで、ブランドのイメージを統一し、
顧客のイメージを想起しやすくします。また、ブランドイメージ向上に役立て、価値を高めます。

  • 商品特性に合った、成果のががるサイトを作りたい! ブランドアイデンティティ構築

  • 企業理念や使命、行動規範をクレド(信条)として明分化 クレド構築

  • ロゴやシンボル等、ブランドの基本をデザインします ビジュアルアイデンティティ構築

  • 構築したブランドを浸透させるためのブランドマニュアル コミュニケーションデザインガイドライン作成

南翔饅頭(レストラン) 南翔饅頭(レストラン) すてき茶研(サプリメント) すてき茶研(サプリメント)

Work flow ブランディング導入フロー

環境評価 ブランディングを行う上での環境評価を行うため、従業員の理念、使命、ブランドへの意識、トップのプロジェクトへのコミットメント等についてチェック。
基本方針 ブランドプロジェクトの目的や目標、実施範囲についての確認及び、現在抱えている課題等について確認させて頂きます。
ヒアリング 現在の、企業理念、事業ドメイン、コアコンピタンス、3C(会社/顧客/競合)、店舗イメージ、ビジョンなどについてヒアリングを行います。
クレド構築 企業理念等がない場合は、ワークショップ等を通して、企業理念を明文化。(企業理念、使命、行動規範をもとに作成)
ブランドのイメージ共有 具体的にブランディングに入っていきます。ブランディングの方法はインタビューやワークショップなどがあります。まずは、組織やターゲットのイメージを様々な方法で共有することから始めます。
バリューマッチング 顧客の期待価値と企業が提供できる価値を分析します。価値は、機能面だけでなく、情緒的な価値からも抽出することで、エモーショナルな視点でブランドを診断します。
アイデンティティ構築 ブランド(会社、商品、事業部など)のパーソナリティを分析し、機能的価値、情緒的価値ともに、ブランドを構成するエッセンスを抽出し、ブランドにとって最も重要なアイデンティティを明文化します。
ビジュアルアイデンティティ構築 アイデンティティ構築により、ブランドの価値を明文化したものをベースにクレドや、ブランドの持つ雰囲気、ターゲット市場などを総合的に判断し、ブランドに相応しい、ネーミングやロゴデザイン等を作成します。
コミュニケーションデザインガイドライン せっかく構築したブランドも、使い方を間違っていては台無しです。そこで「ブランドブック」を作成し、従業員へのクレドの浸透や、「クリエイティブブリーフ」によるコミュニケーション表現上の注意事項、「デザインレギュレーション」によるデザイン使用マニュアルを作成し、コミュニケーション戦略によるブランド価値最大化をサポートします。


お問い合わせ