EC LEARNING

サービス案内

OTHERS

トップ > ネットショップ始め方ガイド

超初心者向け
ネットショップ始め方ガイド

ネットショップを始めたいけど何から手を付ければいいのか分からないという方のために、最低限知っておきたいネットショップの基礎知識をまとめてみました。

ネットショップには大きく二通りの種類(出店形態)があります。 一つは、楽天やヤフーなどにテナントとして出店する「モール型」、もう一つは、路面店のように独立した形で出店する「本店型」です。 先ずは、この二つの違いを理解しましょう。
  モール型 本店型
形態 ショッピングセンターや百貨店などの大型商業施設にテナントとして出店する形態 実店舗でいうところの路面店のように、独自に店舗を構える形態
特徴 ネットショップを始めるにあたって、先ず候補に挙がるのが「楽天市場」。圧倒的な集客力と2兆円を超える流通総額が特徴。流通総額で次に多いのは「アマゾン」。
また、現在最も店舗数が多いのは「ヤフーショッピング」で、これは2013年から、出店料、販売手数料を廃止したことによる。それなりに出店費用や手数料がかかる「楽天市場」に比べ、無料化した「ヤフーショッピング」のおかげで、モール出店のハードルは大きく下がった。
>>さらに詳細についてはこちら
本店を作る場合に最低限必要なのがサーバーとショッピングカート。構築時の選択肢としては、①スクラッチ開発(既存製品を使用せず、全て独自で開発すること)、②パッケージ製品を使用、③サーバーとカートシステムが一体となったサービスを利用、④現在使用中のサーバーにカートシステムだけを付加、と大きく分けて四通りが考えられる。
①②は初期費用が大きく、④は使いづらいところが多い。ここでは、超初心者向けということなので、③のサーバーとカートシステムが一体となったASPのサービスを中心に紹介する。
>>さらに詳細についてはこちら
長所 ・流通総額が大きい
・圧倒的な集客力
・販促プランの充実
・オリジナリティを発揮しやすい
・ブランドコントロールが行いやすい
短所 ・他店との比較が容易
・価格競争に陥りやすい
・販促費が大きくなりがち
・モールによっては出店料が高い場合も
・イチから集客活動を行う必要がある
・サポートが手薄い
適性 ・ネットショップ初心者
・価格優位性のある型番商品を扱っている店舗
・商品点数が圧倒的に多い
・ネットショップ中上級者
・他では売っていないような独自商品を扱っている
・ブランディングに力を入れている
主な販売促進 ・モールが用意するセール
・モール内の広告
・モール内検索対策
・メールマガジン
・アフィリエイト
・ポイント還元
・パブリシティ
・リスティング広告
・ASP独自の集客プランを活用
・検索対策
・メールマガジン
・アフィリエイト
・ポイント還元
・パブリシティ
主なサービス ・楽天市場 
・ヤフーショッピング 
・アマゾン 
・ポンパレモール
・DeNAショッピング
>>各モールの特徴はコチラ
(モール比較表へ)
・ショップサーブ
・メイクショップ
・カラーミー
・フューチャーショップ
>>各カート付サーバーの特徴はコチラ
(ASP比較表へ)