対象のiframeにid、又はclassを設定して、cssで「display:none;」と入力することで、対象のiframeをまとめて非表示にすることができます。
クーポンを複数個所に読み込んでいる場合は、それぞれにcssが適用されるようにヘッダーエリアなどの共通部分にcssを記載するようにしましょう。