ブレイントラスト EC LEARNING(ec・ラーニング)

ビギナーにも使えるヒントが満載。 ネットショップコンサルのプロがノウハウをお届け。

開店構築費5万円、最短5	営業日で完成! ECサイトの更新、コンサルティング ECサイトの更新、コンサルティング ECサイトの更新、コンサルティング
スマホページでiframeを利用すると、機種によってiframe内の画像が途中で切れてしまいます。jsが使えない場合でも、大きく余白をとらずに、各機種できれいに高さを合わせることはできますか?

スマホページでiframeを利用すると、機種によってiframe内の画像が途中で切れてしまいます。jsが使えない場合でも、大きく余白をとらずに、各機種できれいに高さを合わせることはできますか?

jsのプラグインが使えない場合は、css3のメディアクエリを使う事で、機種ごとの高さを設定する事ができます。
メディアクエリでは解像度ごとにcssを記載していきますが、今回の様に機種ごとに高さを調節する場合は、大きく4つのブレイクポイント(分岐点)を設定するといいでしょう。
まずはiPhone5Sまでの実質解像度「横幅320px」、アンドロイド端末に多い「横幅360px」、iPhone6、iPhone6S、iPhone7では「横幅375px」、そしてiPhone6 Plus、iPhone7 Plusの場合は「横幅414px」が縦画面で見たときのブレイクポイントとなっています。
これらをふまえ、下記のように横幅ごとに4つのcssを設定する事で、画像が途中で切れる事もなくなるでしょう。

/**最小(横幅320px)時の高さ**/
iframe {height: ○○px;}

/**横幅360px時の高さ**/
@media all and (min-width: 360px) {
iframe {height: ○○px;}
}

/**横幅375px時の高さ**/
@media all and (min-width: 375px) {
iframe {height: ○○px;}
}

/**横幅414px時の高さ**/
@media all and (min-width: 414px) {
iframe {height: ○○px;}
}

ただし画面を横にしてみた場合を含めたり、新しい機種が登場した際には、さらにブレイクポイントの追加が必要になりますので注意しましょう。