アイコンフォントには、「FontAwesome5」や「Material icons」などがあり、head内に下記のcssタグを張り付け、それぞれに対応のコードを記載することで使用できるようになります。 ◆FontAwesome5(バージョンは最新でない場合があります) ・css <link href=”https://use.fontawesome.com/releases/v5.7.0/css/all.css” rel=”stylesheet”> ・コード <i class=”fas fa-○○”></i>など ◆Material icons ・css <link href=”https://fonts.googleapis.com/icon?family=Material+Icons” rel=”stylesheet”> ・コード <i class=”material-icons”>△△△</i>など 色やサイズを変更するときは、通常のフォントのようにcssで設定できますが、それぞれに推奨のサイズ、カラーなどがあるので、詳しくはそれぞれのサイトを見てみるといいでしょう。 使えるアイコンもまとめられているので、利用の際にはそちらにも目を通すようにしましょう。 ◆FontAwesome5 https://origin.fontawesome.com/ ◆Material icons https://material.io/tools/icons/?style=baseline