「レターパックライト」や「クリックポスト」は配送コストを安く済ませられるので人気の配送方法ですが、ユーザー側のデメリットとして、代引きが利用できない、商品の到着までは同じ日本郵便のゆうパックよりも遅い点があげられます。
軽くて安価な商品には向いている配送方法ですが、オプションとして別の配送方法を導入しておくと選択の幅が広がり、顧客の満足度も上がるためおすすめです。