それぞれにメリットがあるので一概にどちらがいいとはいえないですが、ポイントなどの割引の施策は常に設定しておくよりも、期間を決めて設定するほうが効果的でしょう。 商品にもよりますので、こういった場合は実際にそれぞれの販売方法を試してデータを取り、それを元に判断して販売していきましょう。