現在(2017/11)はRMS内の下記ページでhttps化の対応チェック結果を確認することができます。
https化対応状況 チェック結果レポート:
https://mainmenu.rms.rakuten.co.jp/?https_check=1&menu_type=1
httpの記載がある箇所は、楽天の店舗運営Naviの「https化対応」ページの中ほどでチェックシートがダウンロードできるので、そちらを確認するようにしてください。
また、修正箇所の編集は【http://~】の記述をコピーして、メモ帳など(テキストドキュメント)にペーストして、一括置換をかけると漏れなく直す事ができるでしょう。