楽天のR-cabinetに保存した動画は、トップページ、カテゴリーページと商品ページの動画設置箇所には設置できますが、販売説明文にはそのままでは設置することが出来ません。 動画ソースを貼り付けたページを作成し、それを楽天Goldにアップロードして、そのページをiframeタグを使って読み込むことで設置できるようになります。 この方法を使えばR-cabinetに登録した動画だけでなく、Youtubeの動画でも設置することが出来ます。 Youtubeの動画を楽天に設置したい場合には、R-cabinetに保存する必要がなくなるので覚えておくといいでしょう。