商品ページを1カラムにするメリットとしては、サイドメニューの余計な情報に視線を誘導させることなくメインコンテンツの内容のみを集中して見せることができるため、結果としてコンバージョン(CV)が上がりやすくなります。
デメリットは、サイト内の他の商品への誘導や買い回り施策が難しく、回遊率(PV)が低くなる傾向があります。また、ページ離脱率も2カラムなどのページに比べ高くなります。
これらのことから、オリジナル商品などを取り扱っていて、他店と比べ商品情報が充実している場合は1カラム、型番商品を多数取り扱っている店舗や取扱商品の幅が広い場合は2カラムを選ぶといいでしょう。