正面から1つの光だけを当てると陰影がきつくでてしまいます。また、スタジオでなく会社の部屋であれば、室内の蛍光灯の影響も出てしまいます。
オススメは、被写体を挟み込むように左右から2台のバンクライトを設置するライティング方法「クラムシェル」が手軽で素人にも撮影しやすい方法です。
カメラアングルはほぼ水平をキープし、被写体によってバンクライトの角度、間隔を調整しましょう。