商品点数が少なくても商品に関する情報は幅広いため、商品点数が少ない場合は商品ページを無理やりに増やすのではなく、商品を紹介するコンテンツを増やして行きましょう。 特集ページの作成やブログサービスを使って、色んな視点から見た深い内容の商品紹介ページを作成していけば、導線が広がり、来客数、売上も自ずと伸びていきます。