コンセプトに沿いつつ新しい商品を見つける労力は、何でも販売している店舗よりは大変になるかと思いますので、まずは新商品へのアンテナを広げるためにも、幅広い仕入先と取引するように心掛けていきましょう。
ただし、新商品を増やすだけでなく、売り方として商品数を増やす方法を考えるといいかもしれません。
商品によりますが、セット商品やギフト用商品を作って商品数を増やす方法もあるので、出来る場合は活用してみるといいでしょう。