楽天CPA広告をご存知ですか?
CPAとは「Cost Per Action」または「Cost Per Acquisition」の略で、つまり顧客獲得単価を意味します。
簡単にいうと、1件の受注を獲得するのにかかったコストのことです。

楽天CPA広告では「売上に応じて一定料率で広告料金が発生する成果報酬型広告」のことであり、具体的には、ユーザが広告をクリックし、広告経由で発生した売上に対して、一定の料率分(20%)を広告費として楽天市場に支払う、というものです。

広告経由での売上が発生しない限り、広告が掲載されていたとしても広告料金は発生しませんので、「広告に出稿しても売れるかどうかわからない・・・」といった店舗も安心して利用出来るというわけです。

<おすすめ理由>
オープンしたばかりの店舗や、RPP広告のように、単価調整などの手間をかけられないような場合は、取り組んでおいたほうがよいプロモーションです。
・まとまった広告費が不要 (売れた場合のみ発生)
・設定が簡単
・配信開始までの時間がかからない
・掲載場所が豊富
・やっておいて損がない (利益率20%以上の商品の場合)

<配信方法>
また、配信の設定も非常に簡単で、プロモーションメニューのCPA広告から、配信ステータスを有効に設定するだけで、取り扱っている全ての商品が配信対象になります。
ただし、ここで気をつけたいのは、広告費として20%がかかるわけですから、商品の利益率が20%未満の場合だと、売れても売れてもマイナスになります。
そういう場合は、除外商品の設定が出来ますので、必ず除外設定をすることをおすすめします。
(除外商品はCPA広告ページの「除外商品」のページをご覧下さい)

<広告が掲載される場所>
・ジャンルTOP(PC/スマホ)の「ピックアップアイテム」
・特集、イベントページ(PC/スマホ)の「今すぐチェック」「こちらもチェック」
・楽天グループサービス(PC/スマホ)の「ピックアップアイテム」
・楽天メールマガジン(PC)

検索型広告と違い、すぐに効果は出ないかもしれませんが、露出による知名度アップも期待できますし、売上につながらなかったとしても、訪問者を増やすことは出来ますので、そこから別の商品が売れる可能性も考えられます。
やっておいて損はないプロモーションですので、出来るだけ取り組んでおきましょう。