食品では「寒色<暖色」、美容・健康系では「女性の顔なし<顔あり」といったように、作り方によって転換率が左右されます。ダイエット商品では「細いウエスト」など、効果をイメージできる画像を用いたり、他店が類似色だらけでごちゃごちゃしている画像が多い場合に、あえて色調の異なるシンプルな画像を使うというテクニックもあります。