店舗ごとに設定された送料の金額を気にせず、楽天市場内一律で3980円以上購入すれば送料無料になるので、購入者にとってわかりやすく、商品を購入しやすくなり、転換率アップのメリットがあります。
店舗側では損にならないよう、価格を見直す必要があるので、価格変更作業が増えるというデメリットがあります。 ※大型商品や一部対象外商品となる商品もあるようです。また、競合店と差をつけるために、ある程度費用を負担しないといけないケースが出てくる事も考えられます。