同商品で金額や内容が違う場合は、商品管理番号が別々の2つの商品ページを作りましょう。その上でそれぞれの商品を並べて比較したいときは「商品番号」だけ同じにしておけば、すぐにソートして判別できます。「商品番号」は日本語入力もOKです。