検索対策のワードの場合は、正式名よりもどちらが多く検索されているかを意識するといいでしょう。
楽天で検索フォームに「スーパー」と記載すると、スーパーSALE時には「スーパーSALE」よりも「スーパーセール」の方が上に表示され、関連ワードも多く見られます。
楽天のサジェストワードは、より多く検索されているワードが上に表示される傾向があるため、「スーパーセール」のほうがたくさん検索されていると判断できるので、こちらをメインで記載するといいでしょう。
ただし、「スーパーセール」だけだと「スーパーSALE」のワードでの検索には対応できないため、「スーパーSALE」のワードもどこかに記載することをお勧めします。
商品名に続けて書いても問題はないのですが、続けて書きたいワードがあったり、見栄えが気になる場合はキャッチコピーや商品説明欄を活用して記載するのもおすすめです。