パフォーマンスレポート欄にあるROASの項目は、広告経由で入ってきた各ユーザーが720時間以内に店舗内で購入した全商品の合計金額を広告費用で割ったものになります。
クロスデバイスでの計算となるため、ユーザーが広告をクリックしたデバイスと同一デバイス(PCならPCのみ、スマホならスマホのみ)の購入金額だけでなく、異なるデバイスの購入金額も含められています。
ROASの目安は商品の原価率によって変わってくるので、下の公式を参考にしてください。

目標ROAS=平均客単価÷(平均客単価-売上原価)

売上原価が平均客単価の50%となる場合は目標ROASが200%となります。目標ROAS以下だと赤字となるため、この値は下回らないように気を付けましょう。
目標ROASはあくまで最低ラインを求める指標ですので、広告効果の目安はもう少し余裕を持たせて300~400%とするといいでしょう。