RMSの売り上げ分析メニューに、「R-Datatool 売上改善アクション」というものがあるので、こちらを確認してみましょう。
「市場検索経由のアクセス総数」上位の30商品、さらに1商品に対して上位5位までと表示される検索キーワードは限られていますが、商品に対してどの検索キーワードでアクセスがあったか分かるので、参考にしてみてください。
また、その検索キーワードでの楽天内検索順位と転換率も確認する事が出来るので、そちらもチェックしておくといいでしょう。