楽天のスマートフォンページは禁止タグが多く、デザインが制限されていましたが、タグ内に13個の全角スペースを入れるまたは、(=””)をタグの後にいれる事で、禁止タグも利用できるようになります。
例: <link rel=”stylesheet”            =”” href=”http://www.rakuten.ne.jp/gold/店舗ID/○○○○.css”> この方法を利用すれば、iframeやcss、jsファイルまでも読み込むことができるので、ヘッダーをオリジナルデザインのメニューに変えたり、固定バナーを取り付けたりといった事ができるようになります。ただし、この方法は楽天の仕様が変われば、全て崩れてしまう可能性がある事を心に留めておいて下さい。