カタログID(JANコード)を登録しておくと、検索した際に「最安ショップを見る」というアイコンが表示されます。これをクリックする事で、同じJANコード商品の価格比較ページへと遷移します。ですので、価格で勝負できる商品はカタログIDを登録した方がいいでしょう。
また、最安ではなくても、カタログIDを入れていると比較ページからの流入が増えるので、アクセス対策として登録することをおすすめします。