利益率の低い商品や、在庫が流動的で安定した供給が出来ない商品、ROAS(広告費用の回収率)の低い商品は除外した方が良いでしょう。
また、クリックはされているけど、転換には至っていない商品も除外していきましょう。
その商品の確認は、広告(プロモーションメニュー)のパフォーマンスレポートから確認ができます。