楽天アプリの場合はブラウザと違い、商品ページ内に共通説明文が読み込まれないので、その部分に買い回りを入れていてもあまり効果がありません。
楽天アプリを意識するなら、商品それぞれの説明文内に買い回りのリンクを設置するように意識して制作しましょう。