商品名とキャッチコピーにキーワードを挿入することは効果的と言われていますが、「商品名」はあくまで その商品を識別するために使うので、「キャッチコピー」にその商品を販促するための文言を入れるようにすると良いでしょう。
「商品名」には、商品名称、メーカー、ブランド、色柄特徴、サイズ、型番など基本的な項目を入れ、それ以外の検索対策の文言は「キャッチコピー」に入れるようにすれば問題ないでしょう。