楽天市場の検索結果は店舗側がコントロールが出来ない仕組みになっています。
まずは、楽天市場の店舗運営Naviにある商品名登録ガイドラインに注意し、SEO対策をする事が大切です。
キーワードでの対策は、すぐにでも対応できる部分ですのでこちらから行っていきましょう。
検索対象箇所は「商品番号・商品名・PC用キャッチコピー・モバイル用キャッチコピー・PC用商品説明文・スマートフォン用商品説明文・PC用販売説明文・カタログID」になります。
その中でも商品名が最も重要です。
商品名の頭から、楽天市場でユーザーが良く入力すると思われるキーワードを入力しましょう。
楽天市場の検索窓に商品名を入れて「スペース」を入れると、その商品に関連した文言が出てきますので、それを参考にして入力していきましょう。
ガイドラインに沿って登録しているだけでも検索結果として露出機会があがりますのでしっかり確認をしましょう。