通常、楽天GOLDはR-Datatoolではアクセスを分析することは出来ません。
楽天PHPやPerlでのアクセス解析プログラムを導入することも出来ません。

楽天GOLDのアクセス解析を行う手段としては下記で対応可能です。

解析用のカテゴリを作成し、下記のソースコードを楽天GOLDにアップしたHTMLページに記述します。
ページにアクセスがあれば、解析用のカテゴリにアクセス数がカウントされます。

<style type=”text/css”>
#acc {
width: 0px;
height: 0px;
visibility: hidden;
}
</style>
<iframe src=”調査用に作成したカテゴリページのURL” frameborder=”0″ id=”acc”></iframe>

またはGoogleAnalyticsを導入することでアクセス解析が可能となります。
その際は当然ながらトラッキングコードを設置した楽天GOLDのページのみアクセス結果が出ます。
通常の商品ページなどはトラッキングコードが設置できませんのでAnalyticsでのアクセス解析が出来ません。

※上記ソースコードを入力して、R-Datetoolのアクセス分析ページにアクセス数が反映されるのは翌日頃になります。