将来的に海外への販売を視野に入れているとの事でしたら、海外向けの多言語ネットショップASPを検討してみるといいでしょう。
双方向を同時に管理できるASPとして、多店舗管理が可能な「ライブコマース」がお勧めです。
決済方法はVISA、JCB、Master、Alipayなどがあり、スマートピット(コンビニ決済)、ペイジェント外貨決済(クレジットカード決済) 、中国決済にも対応しております。
また海外配送は、初期設定だけ済ませておけば面倒なインボイスの作成や英語でのEMS配送ラベルがボタン1クリックでPDF印刷できる仕様になっているため、簡単に発送手続きができます。
流通については、最適解を見つけ出すには、扱っている商材についての詳細な情報が必要になってきますので、販売商品の情報、数量などをリストアップした上で「スクロール360」や「e-LogiT」などの流通支援会社に問い合わせてみる事をお勧めします。