商品名にかかわらず商品ページへの表記で違反となるのは、一般的な「薬事法」「景表法」「商標法」「著作権法」などに該当する文言です。

例えば、
・商品と関係のないキーワードを記載
・著名人の名前を無断使用
・キーワードの羅列
・他店、他商品との比較
・日本一、世界一などのエビデンスのない表現
など、ビジネスの常識的なルールを守りさえすれば、とくに気にする必要はありません。