あまり引いた写真にすると美味しさが伝わりにくくなります。
食品がフレームいっぱいになる様に撮ってみると迫力ある写真が撮れ易いですね。
お客様が実際に食べる時の目線でも撮影しましょう。
実際に美味しそうに食べている表情も、お客様の心情に訴えやすいですよ。