ブレイントラスト EC LEARNING(ec・ラーニング)

ビギナーにも使えるヒントが満載。 ネットショップコンサルのプロがノウハウをお届け。

開店構築費5万円、最短5	営業日で完成! ECサイトの更新、コンサルティング ECサイトの更新、コンサルティング ECサイトの更新、コンサルティング

Category: ショップ運営Q&A, スマホ, デザイン

2015年3月28日 土曜日

スマホからのアクセスが非常に伸びているのですが、転換率がパソコンに比べて非常に悪いです。どうすればいいでしょうか?

スマホの転換率が悪い原因として多いのは「使い勝手の悪さ」です。見た目のデザインも重要ですが、サイト構成、レイアウト的なことのほうが問題です。
例えば、(1)重要なバナーのサイズは、画面の左右いっぱいに作成する (2)カテゴリーなどはプルダウンの表示でまとめて、あまり長くならないようにする (3)ボタンサイズを大きくとる (4)出来るだけ浅い階層で完結させる、といったような作り方が基本となります。

2015年3月13日 金曜日

楽天に出店していますが、割と高額な商品なので、付加価値を高める必要を感じています。楽天内で付加価値を高める方法はありますか?

既にそのブランドが認知されている場合は、店舗デザインなどで付加価値を高めることは可能だと思われます。ただ、まだ認知されていないブランドを、モールの中で付加価値を高めるのは非常に難しいところです。
なぜなら、モール内での集客は、広告かモール内検索しか方法がありません。そのわずかな情報だけで、集客に結び付けるのは非常に難しいところです。例えば入口商品を作るなどして、まずは集客を強化し、来店して頂いた方に店舗の魅力を伝えていくということは可能でしょう。
できれば、ホームページや広報活動を併用して、そちらでブランド価値を強化し、興味を持ってくれた方をモールに誘導するのがいいでしょう。

リピーターのアクセスは多いのですが、転換率がいまいちあがりません。

リピーターのお客様はお店のことをある程度ごぞんじなので、お店に変化が乏しいと買い物していただけません。月曜はタイムセール、週末はポイント変倍、月2回は新商品のご案内など、新着情報の更新やメルマガでの情報発信を心がけましょう。メルマガを使ってリピーター様だけに告知をし、闇市などの限定ページで招待企画を行うのも効果的です。

ショップの運営が忙しくて電話などの問合せ対応に時間が取れません。 メールへのレスポンスもしていますが、お客様から「返信が遅い」などとクレームが入る事もあります。だからといってアルバイトなどを雇用するのは難しいです。どうすれば問合せへのクレームを減らせるでしょうか。

まず良くいただく質問をまとめてみましょう。
その質問事項は「よくある質問」としてまとめて分かりやすく案内してあげます。
またメールへの対応可能日時をショップで分かりやすく表示してください。
これである程度お問い合わせの件数を少なくする事が出来るはずです。

楽天市場でよくある「長い商品ページ」を作りたいのですが、どのようにすれば効果的なページになりますか?

楽天市場でよく見られる「長いページ」は、単に長いだけでは逆に転換率を下げてしまいます。
先ずはページ上部でしっかりと興味を惹き付けることが重要ですので、最初の要素は「強烈なインパクトのある内容」にするくらいの意識で作り込んだほうがいいです。
ページの流れとしては、上から順に(1)キャッチ+イメージ画像 (2)ランキング受賞履歴などの客観的評価 (3)お客様の声・レビュー (4)人気のヒミツ(商品詳細) (5)裏付け(例:当社は老舗メーカーです、など) (6)キャッチ+イメージ画像のリピート、購入者への特典訴求。といった流れで構成することを心がけてください。

楽天市場では、どうやったらランキングに入賞できますか?

「競合他店が活発に運営していない時間帯」にタイムセールを実施したり、事前に予約期間を設けていおいた商品をその時間帯に販売開始させたりすると、リアルタイムランキング入賞が狙いやすいなど、入賞を狙った戦略があります。

楽天内で転換率をアップさせるためにはどんな広告が有効ですか?

購入意識が高いお客様が閲覧される楽天内広告では、ダイヤモンド・プラチナ会員向けに発行されるメール広告があります。また同じく会員限定で閲覧可能な「プライベートセールス」広告や、定期的に実施されているタイムセール広告なども転換率の高いものとして挙げられます。

食品を販売しているが、中々美味しそうに撮れません。 何か簡単に出来るテクニックはありませんか?

あまり引いた写真にすると美味しさが伝わりにくくなります。
食品がフレームいっぱいになる様に撮ってみると迫力ある写真が撮れ易いですね。
お客様が実際に食べる時の目線でも撮影しましょう。
実際に美味しそうに食べている表情も、お客様の心情に訴えやすいですよ。