VLOOKUP関数は縦方向、HLOOKUP関数は横方向にそれぞれ検索して、
特定のデータに対応する値を取り出す関数ですが、
引数を指定するときに列数や行数を間違えると求めたい結果と異なる場合がありました。
(引数…VLOOKUP、HLOOKUPは4つ)

  XLOOKUP関数は、縦方向・横方向の検索を1つの関数でカバーすることができ、
また、引数を3つ指定するだけで対応可能です。
縦でも横でも検索ができ、また、行や列番号を指定しないでも、
範囲の指定で検索できるようになったという違いがあります。