ブレイントラスト EC LEARNING(ec・ラーニング)

ビギナーにも使えるヒントが満載。 ネットショップコンサルのプロがノウハウをお届け。

開店構築費5万円、最短5	営業日で完成! ECサイトの更新、コンサルティング ECサイトの更新、コンサルティング ECサイトの更新、コンサルティング

ショップ運営のお悩みを解決!

ショップ運営や売上アップの方法など、ショップオーナー様のお悩みにお答えいたします。
ショップ運営Q&A
ポンパレモールで商品ページや、デザインページなど編集しておりました。
デザインページを更新しようとすると、急に『このページは動作していません』といった表示が出てブロックされて更新できません。特に禁止されているスクリプトなどのコードは記述していないのですが何が原因なのでしょうか?対処方法を教えて頂けませんでしょうか。

『このページは動作していません』といった表示がポンパレで出てしまうのは、https非対応時に起きる「Google Chrome」のみのセキュリティー面のエラーです。
エラーとなる箇所がポンパレの管理画面にある為、現状では「Google Chrome」のバージョンを下げるか、別のブラウザを使って回避するしか方法はありません。
楽天の商品ページで、PC販売説明文に入れる商品イメージ画像の横幅サイズは、推奨で700ピクセル以上となっていますが、そんなに大きくすると商品が見づらいので少し小さくしようと思いますが、問題ありますでしょうか?

しっかりと商品の特長が判る画像であれば、700ピクセル以下でも問題ありません。商品特性や写真の写り具合によりますが、見やすさが確保されていれば楽天の審査も問題なく通過しますので、見やすい画像を登録してください。
商品用の画像素材(jpg)を他社から受け取ってフォトショップで開こうとすると「不明なJPEGマーカー」というエラーが出て、編集できません。どうしたら編集できるようになりますか?

このエラーが出る場合は、画像素材(jpg)の拡張子が間違っている可能性が高いと思います。
jpgの拡張子を「png」や「gif」にしてみる、それでもだめなら「tif」など、可能性のある拡張子に変えて試してみてください。
それでも無理な場合は、強引な方法ですがphotoshop以外のアプリで画像を開いてから保存しなおすといいでしょう。
または、windowsやmacデフォルトのペイントツールや、「ADOBE Acrobat」などで画像を開くと、開ける可能性が高いので試してみてください。
楽天の商品画像は20枚まで登録できますが、ここに登録する画像は何枚程度がいいのでしょうか?

楽天の商品画像についてはなるべく多く、できれば20枚まで登録する事を推奨します。
最近ではスマホの商品ページを下まで見ずに、画像をスワイプして見るお客様が多くなっています。
instagramやlineのタイムラインでも画像のスワイプが使われているので、そういった習慣のお客様が増えてきている様です。
こういった事もあり、掲載する画像がたくさん用意できる場合は全てのせる様にしましょう。
20枚も用意できない場合は、お店のブランドや送料条件、納期情報などを画像で掲載する事もおすすめです。
それらのショップ情報の画像を利用しながら、なるべく多くの商品画像を登録するようにしていきましょう。
参考:http://www.cyber-records.co.jp/blog/rakuten/rakuten-management/cvup/
楽天で、GOLDのTOPページへリダイレクトさせる時のリダイレクトの表示画面を見させたくないので、リダイレクトの設定を0秒にしました。すると、旧RMS編集画面もすぐにリダイレクトされるので編集できなくなりました。編集できるように改善策を教えて頂けませんでしょうか。

「旧R-Storefront」をクリックして、直ぐにブラウザのショートカット「Alt+←」を連打しながら「説明文」の「画面上」を選ぶ方法や、「旧R-Storefront」をクリックして、直ぐに「Esc」ボタンを連打することでリダイレクトを防ぐことが出来ます。お使いのPC環境にあった方でお試しください。
また、RMSログイン後、下記URLで直接「旧R-Storefront」のリダイレクト設定画面にいけます。
https://master.rms.rakuten.co.jp/rms/mall/rsf/shop/vc?__event=WL05_010_001&num=1
ブックマークに入れておくと便利ですので参考にして下さい。
今年の楽天カンファレンスで「今後は、商品名をシンプルにすることをお願いしていきます。」とのアナウンスがありましたが、どの程度シンプルにしていけばよいでしょうか?

このアナウンスは、今までは楽天内SEO対策として、商品名の中へ【重要なキーワード】を多く入れて検索されやすい工夫が必要と云われていましたが、ユーザー視点からは「読みにくい」と思われていることに端を発していると思われます。
「どの程度」との指針は出ていませんが、例えば「ブランド名 > 商品名 > 一般名称 > 色 > サイズ(量)」ぐらいに押さえておいて、他の重要な情報は「キャッチコピー」に入れておけば良いと思います。これだけでかなり商品名はスッキリ読めるようになるでしょう。
楽天市場で出店していますが、TOPページはGOLDで作っています。できればGOLDのページでデフォルトのカレンダーを表示したいのですが、何か方法はありませんでしょうか?

楽天のデフォルトのカレンダーには「カスタムタグ」と「HTMLタグ」の2種類があり、RMS「基本情報設定」>「営業日カレンダー設定」でカレンダーが生成できます
GOLDページの場合は「営業日カレンダー設定」で生成して最後に出てくる「HTMLタグ」をコピー&ペーストすることでデフォルトのカレンダーを表示させることが出来ます。
楽天でスマホページのフッターに固定バナーを設置していましたが、カート部分を隠すことが最近決まった楽天の違反制度に引っかかる為、設置をやめました。 フッターに固定する方法以外で、何かバナー設置に良い場所はありますか?

小さいバナーの場合は、スマホのサイド(商品ページの上へボタンの上など)に設置するのもありですが、横幅いっぱいの大きめバナーの場合は「楽天の看板下のスペース」を利用する方法がオススメです。
この場所ならば、ページに来たお客様はほぼ必ずといっていいほどバナーを目にする為、フッターへの固定バナーと同じようにオススメ商品やイベントページに誘導できます。
iframeを利用すると、文字数制限なくたくさんのコンテンツを表示する事ができるためおすすめです。
無料パスワード管理ソフトを利用していますが、セキュリティー面を考えて有料のものを検討しています。やはり有料のほうがセキュリティー面は良いのでしょうか? また、有料で構いませんのでパスワードを管理しやすいソフトを教えて頂けないでしょうか?

無料のパスワード管理ソフトでもセキュリティ面はかなりの対策がされているので、有料のほうが必ずしもセキュリティ面が優れている訳ではありません。
セキュリティー面だけ気になるのであれば無料のソフトでも特に問題はないでしょう。
パスワードが管理しやすい有料のソフトでいえば、「1Password」がオススメです。
「1Password」はマスターパスワードと言われるものを1つ覚えていれば、それぞれのサービスに設定したログインIDやパスワードを覚える必要がなく、すべて呼び出すことができるので大変便利なソフトになります。

「1Password」 https://1password.com/
楽天のスマホ用看板画像で「共通デザインの看板を表示する」という設定を選べるのですが、この画像はどこに登録すればよいでしょうか?

RMS 1-3 画像・動画登録(R-Cabinet)> 「画像管理」の左のツリーにある「店舗ロゴ管理」をクリック、
ウィンドウが開いたら「正方形ロゴ」を登録する画面になります。ここへ縦横960px以内、容量1MB以内の任意の画像を登録してください。
モール型ショップを運営しておりますが、代引注文の際、送り先変更のための配送トラブル、商品受取拒否による代金未回収などが起きて困っています。何か効果的な対策はありませんか?それとも代引での取り扱いをやめた方が良いでしょうか。

代引きでのトラブルはどの店舗でも同じようなことが起きており、対策してもなくなるものではありません。
代引きの取り扱いをやめることでそういったトラブルもなくなりますが、その場合はトラブルでこうむる損失と、代引きをやめた事により顧客の注文が減ることの損失をしっかり比較して判断するようにしましょう。
代引きのトラブルを減らす対策ではありませんが、配送会社によって代引き時の送り先変更への対応や、受け取り拒否の際の復路の送料が安い場合がありますので、被害額を減らすことが可能かもしれません。
ゆうパックの場合は代引きでの受け取り拒否の場合に復路の運賃がかからないため、遠方への配達の場合はゆうパック代引きを使うようにするといいでしょう。
楽天でパララックスを使用することはできますか?

楽天GOLDを使えば自由度のあるページが制作できるようになるので、jsを利用して実装する事は可能です。パララックスについては様々なプラグインがあるので、それを使うといいでしょう。
GOLD使わない場合は、jsを利用した時のような複雑なアニメーションのパララックスは難しいですが、cssのみのパララックスなら実装可能です。
cssで背景画像を固定するだけの簡易なパララックスなら「各セクションの背景画像をbackground-position: fixed;で固定配置」する事と「テキストやイメージ画像などのコンテンツをposition: absolute;で絶対配置」する事で、ページをスクロールしても背景画像は動かず、そのまま次のセクションに隠れるといった表現が実現できるようになります。

●html—————-
<header></header>
<div class=”one”></div>
<div class=”two”></div>
<div class=”three”></div>

●css—————-
header {
background: url(“../images/bg_header.png”) no-repeat;
background-attachment: fixed;
height: 500px;
}
.one {
background: #333333;
height: 500px;
}
.two {
background: url(“../images/bg_two.png”) no-repeat;
background-attachment: fixed;
height: 500px;
} .three {
background: #666666;
height: 500px;
}

この方法ならば楽天の各ページでパララックスを導入できるので、是非試してみて下さい。
バーチャルオフィスを借りようと思っております。バーチャルオフィスを借りる際に注意すべき点を教えていただけないでしょうか?

バーチャルオフィスを借りる際に注意すべき点としては、近年、犯罪に使われるなど悪用されたこともあり、「法人銀行口座の開設が困難」、「社会保険や雇用保険の申請が困難」、「創業融資を受けにくい」といった事が挙げられます。
バーチャルオフィスの運営会社によっては、そういった面をサポートしてくれるところもある様ですが、それでも無理な場合がありますので注意しておいた方が良いでしょう。
またその他には、住所を検索されると他の会社が出てきて、バーチャルオフィスを使っている事が分かってしまう為、対企業相手にビジネスをする場合には、利用することは難しいです。
楽天市場に出店しようと思っていますが、1つの商品で沢山の画像を掲載したいと思っています。デフォルトで登録できる商品画像は何枚まででしょうか?

現在の楽天市場の仕様では、20枚まで登録できます。1枚目はメイン画像で正方形、それ以外は自由な形で登録が可能です。
楽天の商品登録の際、PC販売説明文へiframeを含むHTML記述を入れてプレビューした時、表示が崩れることがあります。本番と同じ状態で、公開せずにプレビューする方法は何かありませんでしょうか?

以前までは商品登録時に倉庫へ入れて商品ページをプレビューした際は、iframeや外部読み込みのcssが反映されずに崩れて表示されていましたが、現在は楽天全ページのhttps化に伴い、倉庫内の表示も本番と同じ状態でプレビューできるようになりました。
メーカーの希望価格より割引している商品があるので2重価格を表示したいのですが、どういった方法で表示できるようになりますか?

楽天では「メーカー希望小売価格」の表示についての条件が定められており、それをクリアする事で表示できるようになります。
条件をクリアするには、エビデンスと呼ばれるメーカーが「メーカー希望小売価格」を証明するカタログやウェブサイト上の表記、価格が掲載された資料が必要になりますので、メーカーの許可を得て用意するようにして下さい。
そのエビデンスを画像(JPGやPNG、GIF)、もしくはPDF、HTMLなどのファイル形式で、R-Cabinetもしくは楽天GOLDにアップロードしましょう。
その際にファイル名には「evidence」という半角英字を必ず含める必要がありますので忘れないようにして下さい。
その画像(PDF、HTMLの場合はそのファイルのリンク)を「PC用商品説明文」に設置して下さい。
次に、エビデンスの種類を下記4つから選択し、テキストで正確に「PC用商品説明文」に記載してください。

メーカー希望小売価格はメーカーサイトに基づいて掲載しています
メーカー希望小売価格はメーカーカタログに基づいて掲載しています
メーカー希望小売価格はメーカー広告に基づいて掲載しています
メーカー希望小売価格はメーカー商品タグに基づいて掲載しています

上記のテキスト文言は、システムによる自動チェックが入るため、テキストの間にHTMLタグ(改行タグ、スペースタグ)や 記号(カンマなど)、スペース(全角半角問わず)を入れることは禁止されているので注意して下さい。
この方法で「メーカー希望小売価格」を表示する事ができるようになります。
yahooでも基本的な流れは同じですが、エビデンスの入力欄がすでに用意されているので、そちらにエビデンスのURLを記載する事で「メーカー希望小売価格」を表示できるようになります。
FTPソフトでFFFTPを使用しています。サーバーからローカルにダウンロードしているのですが全くダウンロード出来ない時があります。これは何が原因なのでしょうか?また、FFFTP以外に使いやすいフリーのおすすめソフトはりませんか?

FFFTPのダウンロードが出来ないのは、設定による影響が考えられます。
下記の方法を試してみて下さい。
①メニューバーの「接続」→「接続」→ホスト一覧から接続先を選んで「設定変更」
②「高度」タブ の「LISTコマンドでファイル一覧を取得」にチェック。
(他のチェックがあれば外す)
③「暗号化」タブ の「暗号化なしで接続を許可」にチェック。
(他のチェックがあれば外す)

また、FFFTP以外のFTPソフトとしてはFileZilla(ファイルジラ)がオススメです。
タブ切り替えによる複数サーバー接続、同期ブラウズ、タイムスタンプやファイルサイズでホストとローカルのディレクトリを比較する機能など多機能で、さらに、サイトマネージャーに設定した情報や項目はインポートやエクスポートできるので、同じ設定を他のパソコンに反映させることもできます。
ダウンロードは下記ページよりおこなう事ができます。

FileZilla(ファイルジラ):https://ja.osdn.net/projects/filezilla/releases/
モール型ネットショップを運営していますが、SEO対策を強化したいと思っています。TOPページに自由にdescriptionやkeywordsが入れられませんが、どうすればよいでしょうか?

楽天、Yahoo!では、自由にデザイン設計ができるサーバーを借りるプランがあります。
楽天は「GOLD」、Yahoo!は「トリプル」(有料)に申し込むと、FTPサーバーにTOPページを設置することが出来ます。
通常のHTMLと同じようにHTML、デザインが組めますので、その記述にdescriptionやkeywordsを登録してください。
ネットショップの開業準備を進めているのですが、配送方法で悩んでいます。 主に郵便局のレターパックライトやクリックポストなどのユーザーに負担の少ない方法を考えているのですが、何かユーザー側にデメリットはありませんでしょうか?

「レターパックライト」や「クリックポスト」は配送コストを安く済ませられるので人気の配送方法ですが、ユーザー側のデメリットとして、代引きが利用できない、商品の到着までは同じ日本郵便のゆうパックよりも遅い点があげられます。
軽くて安価な商品には向いている配送方法ですが、オプションとして別の配送方法を導入しておくと選択の幅が広がり、顧客の満足度も上がるためおすすめです。
ブラウザのお気に入りに登録した際に表示されるアイコンは、どのようにして設定すればいいでしょうか?

こちらのアイコンは「ファビコン」と呼ばれるもので、専用の画像を作成して内に特定のタグを記載する事で表示できるようになります。
画像については、以前までは「16px×16px」の画像を一つ用意するだけで問題なかったのですが、最近では高解像度化、マルチデバイス化が進んだ事もあり、すべてのブラウザに対応する場合は20個以上の画像を用意しなくてはいけないようになりました。
20個以上の画像を一つづつ作るのは大変ですが、下記サイト「Favicon Generator」を利用すれば、「260px×260px」の画像を一枚用意するだけで各サイズのファビコンを自動生成し、内に記載するタグも書き出してくれるので、是非利用してみて下さい。

「Favicon Generator」 https://realfavicongenerator.net/