ブレイントラスト EC LEARNING(ec・ラーニング)

ビギナーにも使えるヒントが満載。 ネットショップコンサルのプロがノウハウをお届け。

開店構築費5万円、最短5	営業日で完成! ECサイトの更新、コンサルティング ECサイトの更新、コンサルティング ECサイトの更新、コンサルティング

ショップ運営のお悩みを解決!

ショップ運営や売上アップの方法など、ショップオーナー様のお悩みにお答えいたします。
ショップ運営Q&A
モール以外に自社サイトでの販売を考えているのですが、ネットショップのASPの中でも、スマホユーザーに特化、または様々な点でスマホで扱いやすいように設計されているASPがあれば教えて頂けませんか?

スマホに特化したショッピングカートASPとして「aishipR」があります。
“スマホで売れる”を追求して作られており、スマホでのカゴ落ちを軽減する「ワンページカート」の機能や表示速度の最適化など、様々な点でスマホ向けにチューニングされています。
また、完全レスポンシブデザインで設計されている為、従来のように各デバイス(PC、スマホ、タブレット)ごとのページ制作の手間がなくなり、作業効率の向上にも期待できます。
2週間のお試し登録もできますので、是非一度お試し下さい。

「aishipR」 http://www.aiship.jp/
Amazonで自社商品を販売したいのですが、各商品にJANコードが必要だと云われました。どうしたらJANコードが取得できるのでしょうか?

まず「一般財団法人 流通システム開発センター」のHPにて事業者登録を行ってください。
http://www.dsri.jp/jan/jan_apply.html
事業者登録を行ったら、登録申請料を支払います。業態・年商規模によって申請料は変わりますのでご確認ください。
事業者登録は申請料の振込から約7日間程かかります。申請に不備が無ければ「GS1事業者コード登録通知書」が送付されます。
その後、JANコードの申請が可能になりますので、各商品のJANコード申請を行いましょう。
詳細は下記をご参考ください。
http://www.technoveins.co.jp/technical/explain/howtogetjancode.htm
楽天市場のショップをYahoo!ショッピングに移植したいのですが、注意する点があれば教えてください。

移植の際は、特に下記点にご注意ください。
1、テキスト内容 >「楽天ランキング1位」「あす楽」など楽天用語を使っていないか、テキストも画像内文言も確認してください。
2、楽天のみ展開商品 > 楽天でのみ取り扱っている商品は、形や名前を変えて販売するか、Yahoo!では販売しないようにしましょう。
3、商品情報の仕様 > 楽天の商品管理番号とYahoo!の個別商品コードは必ず同じものにしましょう。その他、Yahoo!用に修正が必要な項目があります。楽天とYahoo!のマニュアルを確認して作業を行ってください。
4、楽天GOLDの利用 > 楽天GOLDを使っている場合、デザインやcss等をYahoo!で実装するために「Yahoo!トリプル」の申し込みが必要です。Yahoo!トリプルはオプション料金がかかりますので必要な場合は検討ください。
5、賑わいツール > ツールを使用している場合、Yahoo!側の仕様によっては使えないこともあります。表示できない場合はYahoo!とツールの仕様を確認してください。
エクセルでCSVファイルを開くと、先頭の数字の0が消えていたり、数字の文字が起きたりするので使いづらいです。CSVファイルを編集しやすい、オススメのフリーソフトがあれば教えてください。

Excel感覚で編集がしやすい「Cassava Editor」がオススメです。それほど高機能ではないですが、文字化けなど迴避するためには最適なソフトです。また、大容量のデータを扱う事が多いネットショップであれば、「SmoothCSV」をオススメします。機能面も充実していて、動作が軽いのがポイントです。
参考URL
「Cassava Editor」 http://www.asukaze.net/soft/cassava/
「SmoothCSV」 http://smoothcsv.com/
Amazonで同じ商品の色違いを登録したいのですが、同じページで各色を表示するにはどうしたらいいでしょうか?

Amazonでは色違いの商品の登録方法として「バリエーション」の機能が用意されています。
バリエーションは親子の関係で、親商品には複数の子商品をグループ化して登録することが可能です。
商品登録時は、子商品それぞれにJANコードが必要になるので、JANコードを用意しましょう。
バリエーションの設定方法はアマゾンヘルプを参考に行ってください。

アマゾンヘルプ:バリエーション登録
https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=200804520
楽天/Yahoo!/ポンパレのショップを運営していますが、全ショップを一回の作業で更新できる良い多店舗管理ツールはありませんでしょうか?

「クロスモール」 https://cross-mall.jp/ という多店舗管理ASPがあります。
クロスモール内で、商品登録、在庫管理、受注処理などショップ運営に関する業務を一括で管理することが出来ます。
無料オンラインデモもありますので、ご覧になって検討してみてはいかがでしょうか。
楽天で商品を検索すると、上部に「クーポンが使えるおすすめ商品」が表示されますが、どうやったらこの場所に商品を掲載することができるのでしょうか?

楽天プロモーションメニュー内の「クーポンアドバンス広告」を利用することで掲載できるようになります。
この広告は初めに掲載商品と値引き予算を決めておくだけで、楽天のシステムにより自動でクーポンを表示してくれるクリック課金型広告です。
商品検索時に表示されるだけでなく、楽天会員の過去の購買・閲覧・お気に入りデータをもとに、広告に設定した商品の購買感度が高いユーザーを探しだし、そのユーザーに対しては楽天トップページやジャンルトップページにもクーポンを表示してくれます。
通常の広告なら、これらの場所に表示されるにはかなりの費用がかかるため、クリック課金型の「クーポンアドバンス広告」で表示される事は、かなりパフォーマンスがいいと言えるでしょう。
予算も5000円からと比較的安い価格で始められるので、まだ利用していない場合は一度利用してみてはいかがでしょうか?
闇市設定することで、どのような効果があるのでしょうか?

設定すると、ページの閲覧に「ユーザー名」と「パスワード」が必要になり、一般ユーザーからは閲覧できなくなります。
こうすることで、特別な商品として認識してもらえるので、高い転換率が期待できます。
メルマガ購読者限定セールなどの企画で、リピーターの囲い込み戦略に効果的です。
楽天の商品画像を一気に入れ替えたいのですが、方法を教えてもらえませんか?

CSVを利用している場合は「商品画像URL」列のURLを変更する事で一括変更できます。
CSVが使えない場合は、登録中の商品画像と同じファイル名で、ftpへ一括で上書きすれば入れ替えられます。
この場合は反映まで最大24時間かかるので、急ぎの場合はCSVを利用した方法で登録するといいでしょう。
楽天のサイトで、レフトナビが長くて、フッターとトップページとの間にスペースが空いてしまいます。このスペースを埋めるために、何か良い方法はないでしょうか?

楽天のサイトで、レフトナビが長くて、フッターとトップページとの間にスペースが空いてしまいます。このスペースを埋めるために、何か良い方法はないでしょうか?

A.トップページ説明文のコンテンツ量が少ないのが原因ですので、そこに季節物商品や、今一番売りたい商品など、詳細情報を載せたコンテンツページを作ってスペースを埋めてみてはいかがでしょうか?
また、手軽にスペースを埋める方法としては、商品管理番号を入力するだけで最大50商品まで表示する事ができる、目玉商品機能があり、買い周りにも効果的です。
楽天から「商品のメイン画像に文字を何か入れて一目でどんな商品か判るようにしてください」と指導されていますが、商品名以外にどんな文字を入れればよいのでしょうか?

商品名以外では、おすすめポイントをキャッチコピーにする、「送料無料」や「ポイント10倍」などアイキャッチになる言葉を入れてみるとよいでしょう。
その他、価格や容量などスペックを入れることで特徴が分かるデザインになる様に心がけてみてください。
テキストの大きさはできるだけスマホで画像をみても読みやすい文字・サイズにすると良いでしょう。
楽天でアンカータグを使うと、楽天の固定ヘッダーがかぶさってしまい、思ったところよりずれて表示されます。うまく表示できる方法はありますか?

アンカータグが始まる部分に任意のID(今回は’hogehoge’)を記載し、下記cssで高さを調整する事で解決できます。
<style>
#hogehoge {margin-top:-56px;padding-top:56px;}
</style>

こちらのタグをヘッダー、または共通説明文(大)などに読み込んで利用して下さい。
Wowma!で出店を考えているのですが、今、初期費用と月額利用料が無料のキャンペーンをしているみたいです。その他にかかる費用はあるのでしょうか?

初期費用と月額利用料は2018年3月31日まで無料ですが、これはシステム利用料です。
その他にかかる費用は、ポイントシステムの付与料、まとめてau支払い対応の利用料(月額2500円)、決済手段によりそれぞれの決済手数料を売上から支払う必要があります。
詳細は下記よりお問い合わせください。
https://wowma.jp/store/plan.html
ショップの看板のところに簡単なGIF画像を作って入れたいのですが、GIFアニメは動くのでしょうか?ピクセルサイズ・容量制限などもあれば教えてください。

楽天でアニメーションGIFの利用は可能です。
楽天R-Cabinetでは、アップできる最大画像サイズと容量は「横1600×縦1200pxと容量2MBまで」となっております。
ただし、Goldを利用すれば無制限で画像登録できるため、容量の大きい画像はこちらを利用するといいでしょう。

▼GIFアニメ導入参考サイト
・festival-plaza
http://www.rakuten.ne.jp/gold/festival-plaza/
・看板PRO
http://item.rakuten.co.jp/kanban-pro
Photoshopの代用になる、オススメのフリーソフトがあれば教えてください。

「GIMP」というオススメのフリーソフトがあります。
画像加工ソフトとして約20年の歴史があり、専用の参考書も発売されるほどポピュラーなソフトですので、まずはお金をかけずに画像を編集したい方にオススメです。
レイヤー機能が使え、エフェクトやブラシも豊富に揃っていて、バッチ処理で画像を加工することも可能で、機能面も充実しています。
操作方法や追加プラグインを紹介しているサイトがたくさんあるので、分からない事があっても少し調べれば答えが見つかりやすい点も魅力的です。

[参考サイト]
GIMP入門
http://www.gimp.jp.net/

株式会社SYG
synclogue-navi
https://synclogue-navi.com/category/gimp

Mac版 GIMP日本語のダウンロードから使い方まで
http://xn--gimp-j79hm9d2w6i.com/
最近、楽天ペイ と Amazon Payという新しい決済サービスができましたが、違いはあるのでしょうか?

名前は似ているので同じようなサービスか、と思われがちですが、以下のような違いがあります。

▼楽天ペイの特徴
・オンライン決済
└今までは楽天ID決済と呼ばれていたもので、通常独自ドメインECサイトで商品を購入する際は、クレジット情報を入力して決済するが、楽天IDのみで決済ができる。
・実店舗決済
└実際の店舗にカードリーダーがあり、楽天カードを差し込むことで決済する。利用者には楽天ポイントがついたり、店舗側は翌日決済できるなどのメリットがある。
・アプリ決済
└お店側でQRコードを用意すれば、その場で利用者がQRコードを読み取ることで決済ができる。

▼Amazon Pay の特徴
・オンライン決済
└Amazonアカウントがあれば、独自ドメインECサイトでもAmazonアカウントでログイン・決済ができる。

オンライン決済はどちらも同じサービスですが、今のところ楽天ペイは実店舗でも使えるということが大きなメリットと言えます。
楽天GOLDを使わずに個性的なデザインのショップを作りたいのですが、参考になるショップを教えてください。

「大五うなぎ工房」 http://www.rakuten.co.jp/daigounagi/
上記ショップはGOLDを使用していますが、スライダーなどの動的コンテンツを使用していないので、RMSだけでも表現可能なサイトです。こちらのように横幅いっぱいに画像を使うと、GOLDを使わずに個性的なサイトを演出できます。
また、下記の楽天ページ「ユーザー高評価ショップ」では「有名メガストア」や「年間MVPショップ」も記載されておりますので参考にしてください。
「毎週月曜更新!レビュー4.0以上!ユーザー高評価ショップ」
http://www.rakuten.co.jp/shop/monday/
楽天やyahooの自社商品の検索順位をチェックするツールとしておすすめのものはありますか?

アレグロマーケティングが販売している「RANK REPORTER」は、始めに少し設定が必要ですが、競合サイトとの比較画面が分かりやすくおすすめです。
またyahooショッピング限定となりますが、アルゴノーツが提供している「検索順位チェックツール」はストア内検索や広告枠への掲載についての調査もできるため、yahooショッピングを運営されている方にはおすすめのツールです。
どちらのツールも無料体験版がありますので、是非お試しください。

「Rank Reporter」 https://www.allegro-inc.com/products/detail.php?product_id=30
「アルゴノーツ」http://argonauts-web.com/service/yahoo/rankcheck/index.html
現在、ショップで通常の仕様の通り、商品登録をしているだけですが、特集ページなどを作りたいと思っています。簡単に特集ページが作れる方法はありませんでしょうか?

通常、自由にレイアウトが出来るページを作ろうと思うと、HTMLの知識が必要ですが、登録している商品に決まりごとを作るだけで簡単に特集を組むことが可能です。
まず、集めたい商品の「商品名」に特定のキーワードを入れてみましょう。
例えば「春の行楽シーズン必須アイテム」などを特集したい商品名に入れてください。そしてショップ内検索で「春の行楽シーズン必須アイテム」と入れて検索結果を表示してください。
その検索結果のURLをコピーして、そのキーワードをタイトルにしたバナーを作成して、リンクを設定してください。
これで簡単に特集ページが出来上がります。
今、楽天市場のショップを運営していますが、Amazonにも出店しようと思っています。商品登録方法や登録画像が違うみたいなのですが、何に気をつければよいでしょうか?

まず、登録画像ですが、基本的に商品の背景が白以外の画像はNGとなります。
ただ最初の審査ではその画像が必要ですが、次からは背景が白以外の画像を使用しても、特に注意される事はありません。

次に商品登録についてですが、Amazonでは楽天と違い、同じ商品がすでにAmazonで出品されている場合は、その商品情報を使ってすぐに販売が開始できます。
但し、他店では売られていない最初に登録する商品の場合、商品名は2度と変更することが出来ませんので、今後変更しなくて済む商品名を登録してください。
また、商品の二重登録は、間違って登録してしまったなどの理由でもID停止の危険性がございますので、充分に注意してください。

ちなみに楽天では、管理ツールから商品情報のCSVダウンロードが出来ますが、Amazonでは出来ません。
商品を一括で出品する場合は、登録するデータのバックアップを取っておくなどして消さないように注意しましょう。