ブレイントラスト EC LEARNING(ec・ラーニング)

ビギナーにも使えるヒントが満載。 ネットショップコンサルのプロがノウハウをお届け。

開店構築費5万円、最短5	営業日で完成! ECサイトの更新、コンサルティング ECサイトの更新、コンサルティング ECサイトの更新、コンサルティング

Category: 検索, 楽天

2018年9月8日 土曜日

楽天で白背景画像を登録したのですが、楽天内サーチやGoogleで検索しても表示されません。こちらはどこのページで見ることができるのでしょうか?

白背景画像機能は、楽天市場外での集客を目的として使われているため、楽天のモール内では表示されません。
白背景画像を登録した場合、通常はGoogleショッピングで表示されるのですが、Googleが画像を表示するために提示している条件を満たしていない場合は白背景画像が表示されないため、今回はGoogleの条件に沿っていないことが考えられます。
一度下記のGoogleヘルプページで条件を確認してみて下さい。

Google Merchant Center:
https://support.google.com/merchants/answer/6324350?hl=ja

商品ページや、カテゴリーページなどで「☞」や「♛」のような記号文字をテキストで入れているお店があったのですが、どのようにして入れているのでしょうか?

通常の記号のままでは入力できない場合でも、「html特殊文字」と呼ばれるものを利用すれば表示させることができます。
「☞」は「☞」、「♛」は「♛」と入力することによって、楽天などでも記号文字を使えるようになります。
特殊文字をリストで紹介している、下記参考サイトがございますのでこちらでご確認下さい。

クイックリファレンス:
http://www.htmq.com/text/000-999.shtml

楽天GoldやyahooトリプルでPC用のトップページとスマホ用のトップページを作っているのですが、スマホで見てもPC用のトップページが表示されてしまいます。どのようにしてスマホ用のページに誘導すればいいでしょうか?

Google検索などでTOPページを表示すると、スマホの場合でもPC用トップページが表示されることがあります。
そういった場合にスマホページを表示させるためには、PC用のトップページの~のタグ内に下記タグを記載しましょう。
●の部分は店舗URL、以下のパス部分(sp/index.html/)は実際のスマホページの階層に合わせて修正して下さい。

<script type=”text/javascript”>
if ((navigator.userAgent.indexOf(‘iPhone’) > 0 && navigator.userAgent.indexOf(‘iPad’) == -1) ||
navigator.userAgent.indexOf(‘iPod’) > 0 || navigator.userAgent.indexOf(‘Android’) > 0) {
if(confirm(‘こちらはPC・タブレット用のページです。スマートフォン用のページを表示しますか?’)) {
location.href = ‘https://www.rakuten.ne.jp/gold/●●●/sp/index.html/’
}
}
</script>

Yahoo!ショッピングストアのTOPページで、ヘッダーナビゲーションのリンクを使って、目玉商品一覧やサイドカテゴリーなどへ一気に移動をさせる事は出来ないのでしょうか?

Yahoo!ショッピングストアではアンカーリンクの使用が可能なので、ヘッダーナビゲーションからそれぞれの部分へ移動をさせることは可能です。
サイドカテゴリーへは、任意でnameタグを使ってアンカーを設定し、そこに紐づいたアンカーリンクをヘッダーナビゲーションに設定しましょう。
目玉商品へは、Yahoo!の仕様で使われているIDを調べて、その場所へのアンカーリンクを設定させて移動させます。TOPページの目玉商品(おすすめ商品)は「CentHotItem〇」、フッターの目玉商品(おすすめ商品)は「BtmHotItem〇」、〇部分は1から5のいずれかで、おすすめ商品のテンプレートパターンによります。

楽天市場で楽天ペイに切り替えた後、代引き注文が来なくなったのですがどうしてでしょうか?

楽天ペイ切り替えの際に「代金引換」「後払い決済」「ショッピングクレジット/ローン」「オートローン」「リース」「請求書払い」といった支払い方法については、店舗側で任意で導入する決済手段となったため、元々登録していたとしても再度設定が必要になっています。
代引きの利用登録が出来ていない事が考えられるので、一度確認してみて下さい。

2018年8月16日 木曜日

楽天で「レビュー返信機能」が実装されたので早速利用していこうと考えています。 こちらの機能を利用する際に気を付けたほうがいいことなどあればお教えいただけますか?

お客様の個人情報は、トラブルの原因となるため記載しないようにしましょう。
また、低評価のレビューに対しては感情的にならず、誠実な対応をするように心掛けてください。
たくさんのレビューに対して返信しようとするよりも、お客様目線で見て不安を感じるようなレビュー内容をピックアップし、優先的に返信していくようにするといいでしょう。

ヤフーショッピングストアで、PRオプションを使える事が出来るようになったので利用しようと思っています。無駄な費用ばかり嵩む使い方をしたくないので、PRオプションの運用テクニックがあれば教えて頂けませんでしょうか?

PRオプションで無駄な費用をかけないためには、最適なPRオプション料率を見つけ出す必要があります。
最初は低い料率からスタートし、データを取りながら少しずつ料率を上げていき、利益率が最もよくなる値を見つけていきましょう。
検証する際に気を付ける点としては、通常時とセール時の場合では同じ料率でも表示順位が変わるので、それぞれの最適な料率を見つけるようにしましょう。
また、ジャンルによって最適な料率は変わります。Yahoo!ショッピングが「PRオプション カテゴリ別の平均料率」というファイルを定期的に更新しているので、そちらを参考にするといいでしょう。
Yahoo!ショッピングの検索結果は、閲覧するユーザーによって異なる場合があるので、検証の際はYahoo!アカウントにログインせずに行うようにしましょう。

楽天やyahooなどでセールが終わる時間丁度に、イベントバナーを非表示にしたり、別のバナーに切り替えたりしたいのですがどのようにすればいいでしょうか?

yahooではトリプルが必要になりますが、下記Javascriptを使う事で時間を指定してバナーを非表示にしたり、別のものに切り替えることが出来ます。

<script type=”text/javascript”>

var now = new Date();
var start = new Date(‘2018/7/8 0:00:00’); // 表示開始日時(時間は24h表記)
var end = new Date(‘2018/7/10 23:59:59’); // 表示終了日時(時間は24h表記)

if ( start < now && now < end ){
document.getElementById(“EventCont”).style.display=”block”;
document.getElementById(“Normal”).style.display=”none”;
}else{
document.getElementById(“EventCont”).style.display=”none”;
document.getElementById(“Normal”).style.display=”block”;
}
</script>

<div id=”EventCont”> <!– ここに指定期間中に表示させたい内容を書き込む — >
</div>
<div id=”Normal”>
<!– ここに指定期間外に表示させたい内容を書き込む — >
</div>

非表示にするだけの場合は、idがNormalの部分を省いて利用してください。