ブレイントラスト EC LEARNING(ec・ラーニング)

ビギナーにも使えるヒントが満載。 ネットショップコンサルのプロがノウハウをお届け。

開店構築費5万円、最短5	営業日で完成! ECサイトの更新、コンサルティング ECサイトの更新、コンサルティング ECサイトの更新、コンサルティング

Category: アマゾン, 商品登録

2018年7月4日 水曜日

Janコードがない商品をAmazonで一括出品したいのですが、何かいい方法はありますか?

Amazonでは、JANコードなしで商品を登録するには製品コード免除の申請が必要です。
管理画面右上の「ヘルプ」をクリックし、「製品コード」と単語を入れて検索した際に、「製品コード(GTIN – UPC/EAN/JAN/ISBN)がない商品の出品方法」というページが出てくるので、そちらのページから製品コードの免除申請を行いましょう。
ページが見つからない場合は、下記リンクを参照してください。

Amazon「免除申請の詳細ページ」:
https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/200426310?ref=ag_200426310_cont_201265750&language=ja_JP

申請方法は大きく2通りあり、ブランドの証明書がある場合の方法とない場合の方法で分かれています。
証明書の有無に合わせて、それぞれの方法で申請するようにしましょう。
製品コード免除の申請が通るとAmazonから連絡が来るので、そちらに記載された方法で商品を登録するようにしましょう。
(登録方法は申請の方法によって変わるので、Amazonからの指示に従うようにして下さい)

Amazonのベンダーエクスプレスが2018年中にサービスを終了するとのことで、今後はセラーセントラルで販売していこうと思いますが、今までベンダーに登録していた商品情報は簡単にセラーセントラルに引き継ぎできるのでしょうか?

セラーセントラルは、2018年5月現在、ベンダーエクスプレスで使っていたメールアドレスとパスワードを使っての登録が可能となっています。
引き継ぎに関しては、Amazonが説明会を開いているようですが、移行作業が必要なようですのでなかなか簡単にとはいかないかもしれません。
エクセルをある程度使える方なら自力でも作業が可能ですが、得意でない方は制作会社に、引き継ぎ作業を依頼してみてはいかがでしょうか。

2018年4月13日 金曜日

yahooのカテゴリーページでは、下層にカテゴリーが設定されている場合に商品のサムネイル画像が自動で表示されるようになっていますが、この画像は任意の商品のものに変えれるのでしょうか?

カテゴリーページを編集する際に、基本情報欄に『カテゴリイメージ画像(カテゴリ2階層以下で表示)』という編集箇所があるので、そこに任意の画像を登録することで変えることができます。
(CSVではcategory_imageと言うセルの列に画像ファイル名(sample.jpg)を入れる事で表示させることができます)

2018年3月10日 土曜日

楽天の画像登録時に「商品画像登録ガイドライン」というページへのリンクがあったので確認すると、今まで店舗で作ってきた画像と全然違った内容のものが推奨されていました。ガイドライン推奨のものに作り変えたほうがいいのでしょうか?

「商品画像登録ガイドライン」は商品画像の1枚目(商品画像(1))を対象としたガイドラインで、楽天がユーザーテストを実施した際の結果に基づいて制定されています。
ガイドラインに合わせることによって、クリック率の上昇やSNSへのシェア率が高くなるとのことですが、商材によっては当てはまらないものもありますし、内容に沿わない場合でも違反点数制度の対象にはならないので、今までの商品画像を作り変えるといったことはしなくても問題ありません。
ただし、商材によってはガイドラインに合わせることによって、転換率の上昇が見込める場合がありますので、今後の商品画像制作時に一度ガイドラインに合わせたものを作って、今までの商品との違いを比べてみるといいでしょう。

2018年2月17日 土曜日

ヤフーショッピングストアで、おすすめ商品を10個登録して反映も完了しているのですが、9個しか表示されません。なぜでしょうか?

商品管理番号の間違いや、商品が非公開になっている可能性が考えられます。
ヤフーショッピングストアのおすすめ商品の登録画面では、管理番号間違いや、非公開になっている商品を登録してもエラーとして返してくれませんので注意して登録してください。

2018年2月8日 木曜日

楽天でR-Cabinetに登録している画像のURLを記載する際、「ショップID」より前の部分は省いても画像が表示されるようですが、その際のデメリットはありますか?なければ文字数を短くしたい時に利用したいと思います。

楽天では画像URL記載の際に「https://image.rakuten.co.jp」の部分を省略することができますが、Dreamweaverのプレビュー画面やローカルでのブラウザ確認の際に画像が表示されなくなるので、崩れの原因になってしまうことがあります。
今回のように文字数を短くしたいときに使う場合は問題ないですが、なるべく省略せずに画像URLを記載するのが無難でしょう。

2018年1月22日 月曜日

Yahoo!ショッピンストアで発売前の商品を予約商品として販売したいのですが、楽天市場のように予約ボタンを付けて予約販売の設定をすることはできるのでしょうか?

Yahoo!ショッピンストアの場合は、商品ページ編集画面の「販売用情報」内にある「発売日」を、現在より先の日時にすることで自動的に「カートボタン」が「予約ボタン」に変わり予約販売をすることが可能になります。
この方法を使って予約商品を登録していってください。

2018年1月19日 金曜日

商品ページ作成時に、サイズや色が選べる商品の場合、1ページにまとめて項目選択肢をつけて販売するのと、各組み合わせごとに商品ページを作るのとどちらのほうがいいのでしょうか?

これに関しては一概にどちらがいいと決めることは難しいです。
1ページでまとめて販売した場合は、レビューがその商品にあつまりやすく、売り上げも集中するため、ランキングや検索結果で上のほうに表示されやすいメリットがあります。
看板商品、入口商品はこの方法で販売したほうがいいでしょう。
各組合せごとに商品ページを作ると、商品点数が増えるので店舗への導線が多くなり、集客の向上に期待できます。
それぞれの商品に同じ商品名をつけるよりも、少し変えてみる事でロングテールでの検索が増えるのでおすすめです。
ブランド商品や家電など、ロングテールで検索されやすい商品はこういった販売方法がいいでしょう。
店舗で販売している商品に合わせて、どちらかを選ぶようにしてください。