ブレイントラスト EC LEARNING(ec・ラーニング)

ビギナーにも使えるヒントが満載。 ネットショップコンサルのプロがノウハウをお届け。

開店構築費5万円、最短5	営業日で完成! ECサイトの更新、コンサルティング ECサイトの更新、コンサルティング ECサイトの更新、コンサルティング

Category: 検索, 楽天

2018年9月8日 土曜日

楽天で白背景画像を登録したのですが、楽天内サーチやGoogleで検索しても表示されません。こちらはどこのページで見ることができるのでしょうか?

白背景画像機能は、楽天市場外での集客を目的として使われているため、楽天のモール内では表示されません。
白背景画像を登録した場合、通常はGoogleショッピングで表示されるのですが、Googleが画像を表示するために提示している条件を満たしていない場合は白背景画像が表示されないため、今回はGoogleの条件に沿っていないことが考えられます。
一度下記のGoogleヘルプページで条件を確認してみて下さい。

Google Merchant Center:
https://support.google.com/merchants/answer/6324350?hl=ja

2018年7月23日 月曜日

楽天ではスーパーSALEは英語込みの表記が正式名となっていますが、検索のサジェストワードでは「スーパーセール」の文字が多くならんでいます。イベント用の割引商品にワードを記載したいのですが、どちらを使えばいいでしょうか?

検索対策のワードの場合は、正式名よりもどちらが多く検索されているかを意識するといいでしょう。
楽天で検索フォームに「スーパー」と記載すると、スーパーSALE時には「スーパーSALE」よりも「スーパーセール」の方が上に表示され、関連ワードも多く見られます。
楽天のサジェストワードは、より多く検索されているワードが上に表示される傾向があるため、「スーパーセール」のほうがたくさん検索されていると判断できるので、こちらをメインで記載するといいでしょう。
ただし、「スーパーセール」だけだと「スーパーSALE」のワードでの検索には対応できないため、「スーパーSALE」のワードもどこかに記載することをお勧めします。
商品名に続けて書いても問題はないのですが、続けて書きたいワードがあったり、見栄えが気になる場合はキャッチコピーや商品説明欄を活用して記載するのもおすすめです。

2018年6月8日 金曜日

yahooの商品登録の際に、[Y!ショッピング検索対象]となっているものはyahoo!ショッピング内の検索順位に影響があるそうですが、その他の「Meta description」や商品説明は影響しないものなのでしょうか?

「Meta description」や商品説明は、yahoo!ショッピング内の検索順位には影響しませんが、Googleなどの検索エンジンには影響をあたえます。 それらからの検索流入につながるので、[Y!ショッピング検索対象]以外もしっかりとワードを入力しておくことをお勧めします。

2018年1月22日 月曜日

楽天市場で、商品サムネイル画像の登録する際『名称(ALT)』というテキストを入力できるフォームがありますが、ここにキーワードを入力するとSEO対策になるなど何かメリットがあるのでしょうか? メリットがあるのであれば、どのような文言を入れればよいでしょうか?

商品サムネイル画像の「ALT」部分は、最近の楽天SEOのアルゴリズムではあまり影響のない箇所とされているので、キーワードを入れたとしても表示順位にはほとんど影響はないでしょう。
ただし、商品登録の際、ALT部分に商品名がデフォルトで登録されますが、本来、ALTに文章を長く詰め込むのは良くないとされているので、短くて分かりやすい文章に変更してあげると良いでしょう。

2018年1月19日 金曜日

楽天では商品名やキャッチコピーを変えると商品順位が変わると聞きましたが、変えてから大体どれくらいの間隔で順位が変わるのでしょうか?

楽天の検索順位変動の正確なタイミングは明らかになっていませんが、だいたい1日に3回変わるといわれています。
狙って順位を上げたい商品がある場合は、毎日商品情報を変更して結果をチェックしてみるといいでしょう。

楽天のPCで検索した際の表示が、2017年11月になると画像メインのものに変わっていたのですが、これによって店舗側が何か気を付けたほうがいいことはありますか?

楽天の今回の検索表示修正に伴い、在庫切れ商品はユーザーが検索した際に、「売り切れを含む」を選択しないと検索結果に表示されなくなったので、なるべく在庫切れの商品を出さないようにしましょう。
在庫切れにならないためには、入荷待ちの商品は予約販売にして、カートを常に表示することが効果的です。
また、画像メインの検索表示ではキャッチコピーが表示されず、商品名の表示が先頭から「半角64文字」と従来の表示に比べて少なくなるため、お客様にアピールしたい文言はその部分に入れるようにしましょう。
画像で選ぶお客様も今まで以上に多くなることが考えられるので、一目で特徴が伝わる画像デザインを心がけましょう。

検索窓の近くに「HOT KEYWORD」として、何点か文字を入れているお店をよく見るのですが、あれにはどのような効果があるのでしょうか?いいものであれば導入しようと考えています。

検索窓の近くに何点か文字リンクを設置するのは、その店舗のおすすめやトレンドをお客様に理解してもらうのに有効です。
楽天TOPの検索窓の下にも「検索ワード」として同じようなものが設置されており、楽天ユーザーには馴染みの深いものだと言えるでしょう。
ヘッダーやレフトナビなど、ページ全体に表示される箇所に設置する事で、店舗内の回遊率を高めてくれます。
設置する文字リンクは、アクセス流入が多いキーワードやその関連ワード、ポイント変倍関連など、お客様が求めていそうなものを優先して選ぶようにすると効果的です。

英数字で全角と半角がありますが、SEO対策やネット運営するにあたってどちらを使ったほうが良いなどあるのでしょうか?

SEO的な観点からいえばどちらを使用しても問題ありません。
電話番号やメールアドレスなどは半角推奨ですが、各単語については見やすい方を使用して大丈夫です。
サイト運営に関しては、それぞれが混じっていると読みにくく感じてしまう事があるので、ルールを決めておくようにしましょう。
運営の際にCMSを使っている場合には、入力項目に文字数制限がある場合もあるので、そういった際には半角を使用した方がbyte数を少なく済ますことが出来るのでオススメします。