画像サイズを必要最低限のサイズに下げることや、PNGやJPG画像をGIF画像にすることだけでも容量を落とすことができ、表示速度を速めることができます。
その外には、HTMLやCSSのコメントアウトを極力削ることや、不要なJavaScriptのソースを削除することでも表示速度を上げることができますので、WEBページの制作する時は、このようなことを注意してページ作りを行いましょう。