商品登録時の入力項目の「商品説明文」という項目をご存知ですか?
似たような言葉で「販売説明文」という項目もありますが、こちらはどちらかというとランディングページに近いもので、楽天でよく見られる縦長ページに使用する項目です。

「商品説明文」は、買い物かごのそばに表示される内容です。
ここに掲載する内容は、例えば、食品なら、産地、内容量、保存方法など、ファッションなら、素材、サイズ、生産国などで、これらは商品ページへの必須記載事項となっており、記載する内容は商品のジャンルに寄って異なります

必須記載事項は、「販売説明文」に入れてもいいのですが、「商品説明文」のほうが、ECビギナーにとっては使い勝手がいいのではないかと思います。
「販売説明文」をそれなりに整った状態に仕上げようと思うと、どうしてもHTMLの知識が必要になります。
また、「商品説明文」「販売説明文」ともに、「商品名」「キャッチコピー」に次ぐ、検索対象の項目ですので、「商品説明文」には、必須記載事項だけではなく、重要なキーワードをしっかりと盛り込みましょう。

必須記載事項については、「店舗運営Navi」の上部右にあるアイコンから「従来決済版」をクリックして、「新人店長様向けコンテンツ」の中の「HTML制作テクニック」というページで確認することができます。
また、このページには、商品説明文を表組みのHTMLで生成してくれるツールがありますので、それを利用することで、見やすい商品説明文を作ることが出来ます。

<必須項目の例と検索対策として記載したい内容>
「お客様が安心して購入できるために必要な情報」として考えると必要な要素が思いつきます!
安心してもらうことで、転換率アップにもつながりますよ!
・製造者、仕入者
・原産国、製造国
・賞味期限
・素材、原材料
・形状、サイズ、色など
・他の商品、店舗との違い
・商品で得られる便益、メリットなど