「ストアタイムライン」はメルマガ(ニュースレター)でお客様に送った内容をアプリ向けに加工し、配信するコンテンツです。
「ストアタイムライン」の初期表示画面では、メルマガの「件名」「URL付きで紹介された商品(先頭10件)」「URL付きで紹介されたストアクーポン(取得数順2件)」が表示される仕様になっているので、これらの項目は特に目を引く内容になるように意識しましょう。
商品については、商品名は1行だけ表示され、サムネイル画像と価格、割引率が表示されます。できれば割引率の高い商品を、先頭から10件までに紹介するといいでしょう。
また、割引施策についてはポイントアップよりもクーポンのほうが、ストアタイムラインに掲載されるためより効果的だといえます。