楽天市場、ヤフーショッピングなどのモールや、本店、自社型店舗のECサイト支援|楽天ビジネスエリア賞、ヤフーコマースパートナー賞受賞|店舗構築、制作、デザイン、コンサルティング、運営代行などネットショップのワンストップソリューションを提供

小さな会社のためのECサイトプロデュース|ブレイントラスト

  • Yahoo!コマースパートナーBest Store Awards 2020特別賞
  • Yahoo!コマースパートナー認定

楽天ECCに楽天ダイナミックターゲティング広告を進められました。比較的新しい広告で(2016年11月1日リリース)競合店舗も少ないとのことで始めようと思いますが、どういった広告で、どのような商品を扱っているお店に効果的なのでしょうか?

no image

楽天ダイナミックターゲティング広告は、楽天市場のビッグデータをもとに、過去お店にアクセスしたユーザーに類似するユーザーと、お店にアクセスした事のあるユーザーをターゲットに配信するクリック課金型広告です。
配信先はグーグル、フェイスブック、ツイッターなどメジャーなサービスがカバーされているため、効率的な集客が期待できます。
広告の仕様上、店舗で扱っている全商品が広告の露出対象になるため、利益率が低い商品を多く扱っている場合、店舗単位で費用対効果を高くすることは難しいので、粗利の良い商品点数を多く扱っているお店の方が効果的だと言えるでしょう。